您现在的位置:首页 >> 日本军队 >> 内容

日本陆军将官总揽--陆军大将B

时间:2016-11-17 1:04:04 点击:

  核心提示:1 西郷隆盛 (1828.1.23-1877.9.24) 官位 陸軍大将正三位 出身地 鹿児島県  文政10年12月7日生 父 薩摩藩士西郷吉兵衛長男 旧名 西郷吉之助 明治元年(1868)1月17日...
1 西郷隆盛
(1828.1.23-1877.9.24)
官位 陸軍大将正三位
出身地 鹿児島県  
文政10年12月7日生
父 薩摩藩士西郷吉兵衛長男 旧名 西郷吉之助
明治元年(1868)1月17日 海陸軍務掛
明治元年(1868)2月14日 東征大総督参謀 
明治元年(1868)5月7日 参与
明治3年(1870)7月28日 薩摩藩大参事
明治3年(1870)12月10日 兼参与
明治4年(1871)6月25日 参議
明治5年(1872)7月19日 元帥兼近衛都督
明治6年(1873)5月10日 陸軍大将任官 参議兼近衛都督
明治6年(1873)10月24日 辞職
明治10年(1877)2月25日 官位褫奪
明治10年(1877)9月24日 50歳于城山自決(西南戦争)
明治22年(1889)2月11日 正三位追贈

2 有栖川宮熾仁親王
(1835.3.17-1895.1.15)
官位 陸軍大将大勲位功二級
皇族 一品幟仁親王长子
天保6年2月19日生
嘉永2年(1849)2月 親王宣下 
慶応3年(1867)12月10日 総裁
明治1年(1868)2月10日 東征大総督(~明治1年10月)
明治3年(1870)4月2日 兵部卿(~明治4年6月25日)
明治4年(1871)7月2日 福岡藩知事(~明治4年7月14日)
明治4年(1871)7月14日 福岡県知事(~明治5年3月)
明治8年(1875)7月2日 元老院議官 
明治8年(1875)12月31日 勲一等旭日大綬章 
明治9年(1876)5月18日 元老院議長
明治10年(1877)2月19日 征討大総督(西南戦争出征~明治10年10月10日)
明治10年(1877)10月10日 陸軍大将
明治10年(1877)11月2日 大勲位菊花大綬章
明治13年(1880)2月28日 左大臣(~明治18年12月)
明治15年(1882)6月 欧米旅行(~明治18年12月)
明治18年(1885)12月22日 参謀本部長(~明治21年5月)
明治19年(1886)9月28日 兼近衛都督(~明治20年12月)
明治20年(1887)日本美術協会総裁
明治21年(1888)5月14日 参軍(~明治22年3月)
明治22年(1889)3月9日 参謀総長
明治28年(1895)1月15日 60歳で薨去
明治28年(1895)1月16日 大勲位菊花章頸飾 功二級金鵄勲章

3 山県有朋
(1838.6.14-1922.2.1)
官位 元帥陸軍大将従一位大勲位功一級公爵
出身地 山口県
天保9年閏4月22日生
父 長州藩中間山県有稔 旧名 山県狂助
明治3年(1870)8月28日 兵部少輔
明治4年(1871)7月14日 兵部大輔
明治5年(1872)2月28日 陸軍大輔
明治5年(1872)3月9日 陸軍中将任官 兼近衛都督
明治5年(1872)7月20日 陸軍大輔
明治5年(1872)11月15日 正四位
明治6年(1873)4月29日 陸軍卿代理
明治6年(1873)6月8日 陸軍卿
明治7年(1874)2月8日 近衛都督
明治7年(1874)2月12日 兼陸軍省第六局長
明治7年(1874)2月27日 兼陸軍省参謀局長
明治7年(1874)2月23日 佐賀征討参軍
明治7年(1874)4月24日 凱旋
明治7年(1874)6月30日 陸軍卿兼参謀局長
明治7年(1874)8月2日 兼参議
明治9年(1876)3月31日 陸軍卿兼参議
明治10年(1877)2月19日 西南戦争征討参軍
明治10年(1877)10月16日 凱旋
明治10年(1877)11月2日 勲一等旭日大綬章
明治10年(1877)11月20日 兼議定官
明治11年(1878)5月1日 兼近衛都督
明治11年(1878)12月24日 参謀本部長兼近衛都督
明治12年(1879)10月15日 参謀本部長
明治15年(1882)2月27日 兼参事院議長 
明治15年(1882)8月7日 参謀本部長御用取扱
明治15年(1882)9月7日 御用取扱を辞職 
明治16年(1883)12月22日 参議兼内務卿
明治17年(1884)2月13日 兼参謀本部長
明治17年(1884)7月7日 伯爵叙爵
明治17年(1884)12月27日 従三位
明治18年(1885)12月22日 内務大臣
明治19年(1886)7月10日 兼農商務大臣
明治19年(1886)10月19日 従二位
明治19年(1886)10月31日 兼臨時砲台建設部長
明治20年(1887)5月31日 兼監軍
明治20年(1887)6月24日 内務大臣兼監軍
明治21年(1888)2月8日 内務大臣
明治21年(1888)11月29日 欧州巡回
明治21年(1888)12月3日 内務大臣を辞職
明治22年(1889)10月12日 帰国
明治22年(1889)10月3日 内務大臣
明治22年(1889)12月24日 内閣総理大臣兼内務大臣
明治23年(1890)5月17日 内務大臣辞職
明治23年(1890)6月7日 陸軍大将昇進
明治25年(1892)8月8日 司法大臣
明治26年(1893)3月11日 枢密院議長
明治26年(1893)11月11日 兼議定官
明治27年(1894)8月31日 第1軍司令官 
明治27年(1894)12月18日 監軍
明治28年(1895)3月7日 兼陸軍大臣
明治28年(1895)5月26日 元勲優遇
明治28年(1895)8月5日 侯爵陞爵 勲一等旭日桐花大綬章 功二級金鵄勲章
明治28年(1895)12月20日 正二位
明治29年(1896)2月22日 遣露特命全権大使
明治29年(1896)7月28日 帰国
明治29年(1896)7月31日 参軍
明治30年(1897)1月21日 辞職
明治31年(1898)1月20日 元帥府元帥陸軍大将
明治31年(1898)11月8日 内閣総理大臣
明治33年(1900)10月19日 辞職
明治35年(1902)6月3日 大勲位菊花大綬章
明治36年(1903)7月13日 枢密顧問官
明治37年(1904)6月20日 参謀総長
明治38年(1905)12月21日 枢密院議長
明治39年(1906)4月1日 大勲位菊花章頸飾 功一級金鵄勲章
明治40年(1907)9月21日 公爵陞爵
明治42年(1909)6月14日 枢密顧問官
明治42年(1909)11月17日 枢密院議長
大正11年(1922)2月1日 85歳で死去 従一位
大正11年(1922)2月9日 国葬

4 小松宮彰仁親王
(1846.2.11-1903.2.18)
官位 元帥陸軍大将大勲位功二級
出身地 皇族  
旧名 東伏見宮嘉彰親王 仁和寺宮嘉彰親王
弘化3年1月16日生 
父 伏見宮邦家親王の八男
明治元年(1868)1月3日 軍事総裁
明治元年(1868)1月18日 海陸軍務総督
明治元年(1868)2月10日 軍防事務局督
明治元年(1868)閏4月21日 軍務官知事
明治元年(1868)6月14日 会津征討越後口総督
明治元年(1868)11月4日 凱旋
明治2年(1869)7月8日 兵部卿
明治2年(1869)12月23日 辞職
明治3年(1870)12月9日 議定
明治3年(1870)10月7日 英国留学
明治6年(1873)11月15日 帰国
明治6年(1873)11月25日 陸軍少尉初任
明治7年(1874)2月23日 佐賀征討総督
明治7年(1874)3月27日 凱旋
明治7年(1874)9月13日 陸軍少将昇進
明治8年(1875)12月31日 勲一等旭日大綬章
明治9年(1876)6月13日 陸軍戸山学校校長
明治9年(1876)12月18日 兼議定官
明治10年(1877)3月16日 東京鎮台司令長官
明治10年(1877)5月29日 新撰旅団司令長官
明治10年(1877)10月11日 凱旋
明治11年(1878)8月26日 東部検閲使
明治13年(1880)3月1日 陸軍中将昇進 近衛都督
明治15年(1882)12月7日 大勲位菊花大綬章
明治19年(1886)8月11日 欧州差遣
明治20年(1887)12月5日 帰国 近衛都督
明治23年(1890)6月7日 陸軍大将昇進
明治24年(1891)12月24日 近衛師団長
明治26年(1893)11月22日 兼議定官
明治28年(1895)1月26日 参謀総長
明治28年(1895)3月16日 征清大総督
明治28年(1895)5月23日 凱旋
明治28年(1895)8月5日 大勋位菊花章頸飾 功二級金鵄勲章
明治31年(1898)1月20日 元帥府元帥陸軍大将 参謀総長辞職
明治35年(1902)4月15日 英国国王戴冠式派遣
明治36年(1903)2月18日 58歳で薨去

5 大山巌
(1842.11.12-1916.12.10)
官位 元帥陸軍大将従一位大勲位功一級公爵
出身地 鹿児島県    
天保13年10月10日生
父 薩摩藩士大山彦八の次男 旧名 大山弥助
明治4年(1871)7月28日 陸軍大佐兼兵部権大丞
明治4年(1871)8月15日 陸軍少将昇進 
明治4年(1871)11月3日 辞陸軍少将 仏国留学
明治7年(1874)10月3日 帰国
明治7年(1874)11月8日 陸軍少輔兼第1局長
明治7年(1874)11月17日 陸軍少将(復任)
明治9年(1876)10月29日 兼熊本鎮台司令長官(~明治9年11月15日)
明治10年(1877)2月19日 東京鎮台司令長官
明治10年(1877)2月27日 別働第1旅団司令長官
明治10年(1877)3月10日 兼征討第2旅団司令長官
明治10年(1877)4月13日 別働第5旅団司令長官
明治10年(1877)6月28日 兼別働第3旅団司令長官
明治10年(1877)9月19日 攻城砲隊指揮官
明治10年(1877)10月19日 凱旋
明治11年(1878)11月20日 陸軍中将昇進
明治11年(1878)12月5日 参謀本部次長
明治11年(1878)12月14日 兼陸軍士官学校長
明治12年(1879)12月16日 兼内務大輔兼大警視
明治12年(1879)12月19日 兼議定官
明治13年(1880)2月28日 陸軍卿
明治13年(1880)5月24日 正四位
明治14年(1881)11月21日 兼参議
明治15年(1882)9月4日 兼参謀本部長
明治15年(1882)11月1日 勲一等旭日大綬章
明治17年(1884)2月13日 欧米出張
明治17年(1884)7月7日 伯爵叙爵
明治17年(1884)12月27日 従三位
明治18年(1885)1月25日 帰国
明治18年(1885)12月22日 陸軍大臣
明治19年(1886)7月10日 兼海軍大臣(~明治20年7月1日)
明治19年(1886)10月19日 従二位
明治21年(1888)2月3日 兼監軍(~明治22年10月3日)
明治22年(1889)12月24日 兼監軍(~明治23年6月7日)
明治24年(1891)5月17日 陸軍大将昇進 枢密顧問官
明治25年(1892)8月8日 陸軍大臣
明治26年(1893)11月11日 兼議定官
明治27年(1894)6月20日 満州軍総司令官
明治27年(1894)9月25日 第2軍司令官
明治28年(1895)5月26日 陸軍大臣
明治28年(1895)8月5日 侯爵陞爵 勲一等旭日桐花大綬章
明治28年(1895)12月20日 正二位
明治29年(1896)3月16日 兼監軍
明治29年(1896)7月31日 辞
明治31年(1898)1月20日 元帥府元帥陸軍大将
明治32年(1899)5月16日 参謀総長(~明治37年6月20日)
明治33年(1900)12月8日 兼議定官
明治35年(1902)6月3日 大勲位菊花大綬章
明治38年(1905)12月20日 参謀総長
明治39年(1906)4月1日 大勲位菊花章頸飾 功一級金鵄勲章
明治39年(1906)4月11日 辞
明治40年(1907)9月21日 公爵陞爵
大正3年(1914)4月28日 内大臣
大正5年(1916)12月4日 76歳で死去
大正5年(1916)12月10日 従一位

6 野津道貫
(1841.12.17-1908.10.18)
官位 元帥陸軍大将正二位大勲位功一級侯爵
出身地 鹿児島県
天保12年11月3日生
父 薩摩藩士野津鎮圭の次男
明治4年(1871)7月23日 陸軍少佐任官 第2番大隊附
明治5年(1872)8月 陸軍中佐昇進 近衛局分課
明治6年(1873)3月 陸軍省第二局副長
明治7年(1874)1月14日 陸軍大佐昇進
明治7年(1874)1月15日 近衛参謀長心得
明治10年(1877)2月19日 征討第2旅団参謀長
明治11年(1878)11月20日 陸軍少将昇進 陸軍省第二局長
明治11年(1878)12月14日 東京鎮台司令長官
明治12年(1879)9月25日 東京鎮台司令官
明治17年(1884)2月16日 大山陸軍卿欧州出張随行
明治17年(1884)7月7日 子爵叙爵
明治18年(1885)1月25日 帰国
明治18年(1885)5月21日 陸軍中将昇進 広島鎮台司令官
明治19年(1886)10月20日 従三位
明治21年(1888)5月14日 第5師団長
明治26年(1893)5月26日 勲一等瑞宝章
明治27年(1894)6月12日 日清戦争動員下令
明治27年(1894)12月19日 第1軍司令官
明治28年(1895)3月18日 陸軍大将昇進
明治28年(1895)5月9日 凱旋
明治28年(1895)8月5日 伯爵陞爵 勲一等旭日大綬章
明治28年(1895)11月9日 近衛師団長
明治29年(1896)5月10日 東京湾防禦総督
明治29年(1896)10月14日 東部都督
明治32年(1899)12月15日 従二位
明治33年(1900)4月25日 教育総監
明治33年(1900)12月8日 兼議定官
明治37年(1904)1月14日 軍事参議官
明治37年(1904)6月30日 第4軍司令官
明治39年(1906)1月12日 軍事参議官
明治39年(1906)1月31日 元帥府元帥陸軍大将
明治39年(1906)4月1日 勲一等旭日桐花大綬章 功一級金鵄勲章
明治40年(1907)9月21日 侯爵陞爵 貴族院議員
明治41年(1908)10月6日 大勲位菊花大綬章
明治41年(1908)10月18日 68歳で死去 正二位

7 北白川宮能久親王
(1847.4.1-1895.10.28)
官位 陸軍大将大勲位功三級
出身地 皇族
弘化4年2月16日生
伏見宮邦家親王第九王子
嘉永1年(1848)8月 仁孝天皇養子
安政5年(1858)9月 輪王寺宮御付弟
安政5年(1858)10月 親王宣下
元治1年(1864)12月 一品宣下
明治3年(1870)11月 普魯士留学仰付
明治4年(1871)2月 柏林着
明治5年(1872)3月 北白川宮相続
明治7年(1874)9月27日 陸軍歩兵少佐任官
明治8年(1875)3月 普魯士陸軍大学校入校
明治8年(1875)12月31日 勲一等旭日大綬章
明治10年(1877)4月 普魯士陸軍大学校卒業
明治10年(1877)7月 帰朝
明治11年(1878)2月 陸軍戸山学校入校
明治11年(1878)12月 近衛局出仕
明治12年(1879)1月 陸軍歩兵中佐昇進
明治13年(1880)4月 参謀本部出仕
明治14年(1881)6月 兼議定官
明治14年(1881)11月3日 陸軍歩兵大佐昇進
明治16年(1883)2月 亜細亜協会名誉会頭 
明治16年(1883)4月 陸軍戸山学校次長
明治16年(1883)9月 陸軍戸山学校教頭
明治17年(1884)11月19日 陸軍少将昇進 東京鎮台司令官代理
明治18年(1885)5月21日 歩兵第1旅団長
明治19年(1886)12月29日 大勲位菊花大綬章
明治21年(1888)5月 枢密院会議班列
明治25年(1892)12月8日 陸軍中将昇進 第6師団長
明治26年(1893)11月10日 第4師団長
明治28年(1895)1月28日 近衛師団長(~明治28年10月26日)
明治28年(1895)4月 日清戦争出征
明治28年(1895)10月28日 49歳台湾台南で薨去
明治28年(1895)11月1日 大勲位菊花章頸飾
明治28年(1895)11月4日 陸軍大将昇進

8 佐久間左馬太
(1844.11.19-1915.8.5)
官位 陸軍大将正二位勲一等伯爵
出身地 山口県
弘化1年10月10日生
父 長州藩士岡村孫七の次男
明治4年(1871)7月 陸軍大尉心得
明治5年(1872)2月 鎮西鎮台附
明治5年(1872)4月8日 陸軍大尉任官
明治5年(1872)11月 陸軍少佐昇進
明治6年(1873)12月 上京
明治7年(1874)2月 佐賀の乱参戦(~明治7年4月)
明治7年(1874)4月5日 陸軍中佐昇進 熊本鎮台参謀長 
明治8年(1875)4月14日 歩兵第6連隊長
明治11年(1878)11月21日 陸軍大佐昇進
明治14年(1881)2月7日 陸軍少将昇進 仙台鎮台司令官
明治18年(1885)5月21日 歩兵第10旅団長
明治19年(1886)3月16日 仙台鎮台司令官
明治19年(1886)12月23日 陸軍中将昇進
明治20年(1887)3月25日 従三位
明治20年(1887)5月23日 男爵叙爵
明治21年(1888)5月14日 第2師団長
明治28年(1895)4月5日 占領地総督
明治28年(1895)8月20日 子爵陞爵 勲一等旭日大綬章
明治29年(1896)1月4日 凱旋
明治29年(1896)5月10日 近衛師団長
明治29年(1896)10月14日 中部都督 (~明治35年10月29日)
明治31年(1898)9月28日 陸軍大将昇進
明治34年(1901)1月17日 従二位
明治35年(1902)10月29日 休職
明治37年(1904)5月1日 東京衛戍総督 (~明治39年4月11日)
明治39年(1906)4月1日 勲一等旭日桐花大綬章
明治39年(1906)4月11日 台湾総督
明治40年(1907)9月21日 伯爵陞爵
大正4年(1915)5月1日 退役
大正4年(1915)8月5日 72歳で死去

9 川上操六
(1848.12.6-1899.5.11)
官位 陸軍大将従二位勲一等功二級子爵
出身地 鹿児島県
嘉永元年11月11日生
父 薩摩藩士川上伝左衛門の三男
明治4年(1871)7月25日 陸軍歩兵中尉任官 御親兵第2大隊附
明治4年(1871)11月 陸軍歩兵大尉昇進
明治6年(1873)12月 近衛歩兵第3大隊長
明治7年(1874)2月 陸軍歩兵少佐昇進 近衛歩兵第2連隊大隊長
明治9年(1876)1月 参謀局出仕
明治9年(1876)4月 陸軍省第二局出仕
明治10年(1877)2月22日 歩兵第13連隊長心得
明治10年(1877)2月 西南戦争参戦(~明治10年6月)
明治11年(1878)12月4日 陸軍歩兵中佐昇進 歩兵第13連隊長
明治12年(1879)5月11日 歩兵第8連隊長
明治14年(1881)1月22日 仙台鎮台参謀長
明治15年(1882)2月6日 陸軍歩兵大佐昇進
明治15年(1882)2月13日 近衛歩兵第1連隊長
明治17年(1884)2月16日 欧米諸国兵制視察
明治18年(1885)1月25日 帰国
明治18年(1885)5月21日 陸軍少将昇進 参謀本部次長
明治19年(1886)3月16日 近衛歩兵第2旅団長
明治19年(1886)11月30日 独国留学(~明治21年6月14日) 
明治22年(1889)3月9日 参謀次長
明治23年(1890)6月7日 陸軍中将昇進
明治23年(1890)6月19日 従三位 
明治25年(1892)10月1日 兼鉄道会議議長
明治26年(1893)10月4日 参謀本部次長
明治27年(1894)6月5日 大本営陸軍参謀上席将官兼大本営兵站総監(~明治29年3月31日)
明治28年(1895)3月 征清総督府参謀長
明治28年(1895)8月5日 子爵叙爵 勲一等旭日大綬章 功二級金鵄勲章
明治30年(1897)7月28日 露国出張
明治30年(1897)9月22日 帰国
明治31年(1898)1月20日 参謀総長
明治31年(1898)3月5日 正三位
明治31年(1898)9月28日 陸軍大将昇進
明治32年(1899)5月11日 53歳で死去 従二位 勲一等旭日桐花大綬章

10 桂太郎
(1848.1.4-1913.10.11)
官位 陸軍大将従一位大勲位功三級公爵
出身地 鹿児島県
弘化4年11月28日生
父 長州藩士桂与一右衛門の次男
明治7年(1874)1月13日 陸軍大尉任官 陸軍省第6局
明治7年(1874)6月 陸軍少佐昇進
明治7年(1874)7月2日 参謀局諜報提理
明治8年(1875)3月30日 駐独国公使館附
明治11年(1878)7月31日 参謀局諜報提理
明治11年(1878)11月 陸軍中佐昇進
明治11年(1878)12月14日 参謀本部管西局長心得
明治15年(1882)2月8日 陸軍大佐昇進 参謀本部管西局長 
明治17年(1884)2月16日 欧州各国兵制視察
明治18年(1885)1月25日 帰国
明治18年(1885)5月21日 陸軍少将昇進 陸軍省総務局長
明治19年(1886)3月16日 陸軍次官
明治21年(1888)11月16日 兼陸軍省法官部長 (~明治23年6月7日)
明治23年(1890)3月27日 兼軍務局長
明治23年(1890)6月7日 陸軍中将昇進
明治23年(1890)6月11日 従三位
明治24年(1891)6月1日 第3師団長(~明治29年6月2日)
明治27年(1894)8月4日 動員下令(日清戦争)
明治28年(1895)8月5日 子爵叙爵
明治28年(1895)8月20日 勲一等瑞宝章 功三級金鵄勲章
明治29年(1896)6月2日 台湾総督
明治29年(1896)10月14日 東京防禦総督 正三位
明治31年(1898)1月12日 陸軍大臣 (~明治33年12月23日)
明治31年(1898)9月28日 陸軍大将昇進
明治33年(1900)12月23日 休職
明治34年(1901)12月27日 勲一等旭日大綬章
明治34年(1901)6月2日 内閣総理大臣
明治35年(1902)2月27日 伯爵陞爵
明治35年(1902)5月20日 従二位
明治36年(1903)10月2日 兼内務大臣
明治37年(1904)2月20日 内務大臣辞職
明治38年(1905)12月14日 兼文部大臣
明治39年(1906)1月7日 軍事参議官 (~明治41年7月14日) 
明治39年(1906)1月8日 前官礼遇
明治39年(1906)4月1日 大勲位菊花大綬章
明治40年(1907)9月21日 侯爵陞爵
明治41年(1908)7月14日 内閣総理大臣兼大蔵大臣
明治42年(1909)5月21日 正二位
明治44年(1911)4月21日 公爵陞爵
明治44年(1911)8月30日 辞職
大正元年(1912)8月13日 内大臣兼侍従長
大正元年(1912)12月21日 内閣総理大臣
大正2年(1913)2月20日 辞職 元勲優遇
大正2年(1913)4月1日 後備役編入
大正2年(1913)10月11日 68歳で死去 従一位 大勲位菊花章頸飾

11 黒木為楨
(1844.5.3-1923.2.4)
官位 陸軍大将従一位勲一等功一級伯爵
出身地 鹿児島県
弘化1年3月26日生
父 鹿子島藩士帖佐治右衛門の三男 養父 黒木万左衛門の養子 旧名三次
明治4年(1871)4月12日 上京 
明治4年(1871)7月25日 陸軍大尉任官 御親兵1番大隊
明治4年(1871)12月3日 御親兵3番大隊副官
明治5年(1872)8月3日 陸軍少佐昇進 近衛歩兵第1大隊長
明治6年(1873)4月5日 近衛歩兵第2大隊長
明治8年(1875)2月20日 陸軍中佐昇進
明治8年(1875)2月21日 広島鎮台歩兵第12連隊長
明治10年(1877)3月1日 西南戦争出征
明治11年(1878)11月21日 陸軍大佐昇進
明治12年(1879)1月4日 近衛歩兵第2連隊長
明治15年(1882)2月8日 中部監軍部参謀
明治16年(1883)2月5日 参謀本部管東局長
明治18年(1885)5月21日 陸軍少将昇進 歩兵第5旅団長
明治23年(1890)7月25日 近衛歩兵第2旅団長
明治25年(1892)2月13日 正四位
明治26年(1893)11月10日 陸軍中将昇進 第6師団長
明治28年(1895)1月12日 日清戦争出征(~明治28年5月24日)
明治28年(1895)8月20日 男爵叙爵 功三級金鵄勲章 勲二等旭日重光章
明治29年(1896)10月14日 近衛師団長
明治30年(1897)5月21日 従三位
明治30年(1897)10月27日 西部都督
明治33年(1900)5月31日 勲一等瑞宝章
明治35年(1902)8月20日 正三位
明治36年(1903)1月13日 中部都督事務取扱(~明治37年1月11日)
明治36年(1903)11月3日 陸軍大将昇進 .
明治37年(1904)1月14日 軍事参議官
明治37年(1904)2月6日 第1軍司令官(日露戦争出征~明治38年12月5日)
明治38年(1905)5月30日 勲一等旭日大綬章 
明治39年(1906)1月12日 軍事参議官
明治39年(1906)4月1日 勲一等旭日桐花大綬章 功一級金鵄勲章
明治40年(1907)8月30日 従二位
明治40年(1907)9月21日 伯爵陞爵
明治42年(1909)3月16日 後備役編入
大正3年(1914)4月1日 退役
大正3年(1914)4月30日 正二位
大正6年(1917)4月27日 枢密顧問官
大正12年(1923)2月4日 80歳で死去 従一位

12 奥保鞏
(1847.1.5-1930.7.19)
官位 元帥陸軍大将従一位大勲位功一級伯爵
出身地 福岡県
弘化3年11月19日生
父 小倉藩士奥保矩の長男 旧名 奥為次郎
明治4年(1871)5月 常備4番小隊長(小倉藩)
明治4年(1871)6月 西海鎮台2番大隊小隊長
明治4年(1871)11月25日 陸軍大尉心得 鎮西鎮台
明治4年(1871)12月16日 3番小隊附
明治5年(1872)4月18日 陸軍歩兵大尉任官 鹿児島分営所
明治5年(1872)7月17日 17番大隊4番小隊附
明治6年(1873)3月15日 第12大隊7番小隊附
明治6年(1873)6月14日 第11大隊3番小隊附
明治6年(1873)8月29日 熊本鎮台第11大隊4番中隊長
明治7年(1874)2月13日 佐賀の乱出征(~明治7年8月 負傷)
明治7年(1874)6月29日 陸軍歩兵少佐昇進 歩兵第11大隊長
明治7年(1874)8月22日 台湾征討(~明治7年11月)
明治8年(1875)2月18日 歩兵第13連隊第1大隊長
明治10年(1877)2月19日 西南戦争出征(~明治10年9月27日)
明治10年(1877)4月24日 熊本鎮台歩兵第14連隊長心得
明治11年(1878)11月21日 陸軍歩兵中佐昇進 歩兵第14連隊長
明治12年(1879)3月31日 歩兵第10連隊長 
明治15年(1882)2月7日 陸軍歩兵大佐昇進 
明治15年(1882)2月13日 近衛歩兵第2連隊長
明治18年(1885)5月21日 陸軍少将昇進 歩兵第7旅団長
明治19年(1886)7月10日 近衛歩兵第1旅団長
明治24年(1891)6月13日 東宮武官長(~明治26年11月10日)
明治25年(1892)1月4日 兼東宮大夫
明治25年(1892)2月13日 正四位
明治26年(1893)11月10日 近衛歩兵第2旅団長
明治27年(1894)2月24日 欧州出張
明治27年(1894)9月10日 帰国
明治27年(1894)11月29日 陸軍中将昇進 第5師団長
明治28年(1895)8月20日 男爵叙爵 功三級金鵄勲章
明治29年(1896)10月14日 第1師団長
明治30年(1897)5月31日 従三位
明治30年(1897)10月27日 近衛師団長
明治31年(1898)1月14日 東京防禦総督
明治33年(1900)4月25日 東部都督
明治33年(1900)5月31日 勲一等瑞宝章
明治35年(1902)8月20日 正三位
明治35年(1902)10月8日 英領印度差遣 
明治36年(1903)3月10日 帰国
明治36年(1903)11月3日 陸軍大将昇進
明治37年(1904)1月14日 軍事参議官
明治37年(1904)3月6日 第2軍司令官
明治38年(1905)5月30日 勲一等旭日大綬章
明治39年(1906)1月12日 軍事参議官
明治39年(1906)4月1日 勲一等旭日桐花大綬章 功一級金鵄勲章
明治39年(1906)7月30日 参謀総長
明治40年(1907)8月30日 従二位
明治40年(1907)9月21日 伯爵陞爵
明治44年(1911)10月24日 元帥府元帥陸軍大将
明治45年(1912)1月20日 参謀総長辞職
明治45年(1912)2月24日 議定官
大正3年(1914)9月10日 正二位
昭和3年(1928)11月10日 大勲位菊花大綬章
昭和5年(1930)7月19日 85歳で死去 従一位

13 山口素臣
(1846.6.8-1904.8.7)
官位 陸軍大将正三位勲一等功二級子爵
出身地 山口県
弘化3年5月15日生 
父 長州藩士山本芳の息子 養父 長州藩士山口義惟の養子
明治3年(1870)9月 大阪第2教導隊
明治4年(1871)4月 軍曹
明治4年(1871)8月11日 陸軍歩兵少尉任官
明治4年(1871)9月 陸軍歩兵中尉昇進
明治4年(1871)10月 陸軍歩兵大尉昇進
明治6年(1873)10月 陸軍歩兵少佐昇進 近衛歩兵第1連隊大隊長
明治10年(1877)11月12日 歩兵第9連隊長
明治11年(1878)11月 陸軍歩兵中佐昇進
明治13年(1880)4月25日 歩兵第7連隊長
明治15年(1882)2月13日 陸軍歩兵大佐昇進
明治15年(1882)3月10日 熊本鎮台参謀長
明治18年(1885)5月21日 東京鎮台参謀長
明治19年(1886)5月27日 近衛参謀長
明治22年(1889)8月17日 歩兵第10旅団長心得
明治23年(1890)2月12日 陸軍少将昇進 歩兵第10旅団長
明治23年(1890)12月5日 歩兵第3旅団長
明治28年(1895)5月1日 正四位
明治28年(1895)8月20日 男爵叙爵
明治29年(1896)10月14日 陸軍中将昇進 第5師団長
明治33年(1900)5月29日 従三位
明治33年(1900)6月26日 北清事変出征
明治34年(1901)7月19日 勲一等旭日大綬章 功二級金鵄勲章
明治37年(1904)3月17日 陸軍大将昇進 軍事参議官
明治37年(1904)4月20日 正三位
明治37年(1904)8月7日 59歳で死去 子爵追贈

14 岡沢精
(1844.8.20-1908.12.12)
官位 陸軍大将正二位勲一等功二級子爵
出身地 山口県
弘化元年7月7日生
父 長州藩士岡沢甚内の長男
明治3年(1870)10月 大阪第2教導隊入営
明治4年(1871)2月 四等軍曹
明治4年(1871)4月 御親兵大隊長
明治4年(1871)6月3日 陸軍准中尉任官
明治4年(1871)8月 陸軍歩兵中尉昇進
明治4年(1871)10月 陸軍歩兵大尉昇進
明治4年(1871)11月 陸軍歩兵少佐昇進 御親兵5番大隊長
明治6年(1873)2月 近衛歩兵第1連隊大隊長
明治10年(1877)3月14日 陸軍歩兵中佐昇進 別働第1旅団参謀長
明治11年(1878)12月14日 東京鎮台参謀長兼衛戍司令官
明治12年(1879)5月10日 東京鎮台参謀長
明治13年(1880)4月28日 陸軍歩兵大佐昇進
明治16年(1883)2月7日 西部監軍部参謀
明治16年(1883)5月21日 近衛参謀長
明治17年(1884)2月16日 兼参謀本部管西局長
明治18年(1885)1月25日 近衛参謀長
明治18年(1885)5月21日 陸軍少将昇進 歩兵第8旅団長
明治24年(1891)6月1日 陸軍次官兼軍務局長 (~明治25年8月23日)
明治25年(1892)2月13日 正四位
明治25年(1892)8月23日 休職
明治25年(1892)11月22日 陸軍将校学校監
明治26年(1893)11月23日 監軍部参謀長
明治27年(1894)8月30日 大本営軍事内局長兼侍従武官 (~明治29年3月31日)
明治28年(1895)1月4日 陸軍中将昇進
明治28年(1895)8月20日 男爵叙爵 勲一等瑞宝章
明治29年(1896)4月3日 侍従武官長
明治30年(1897)7月14日 従三位
明治35年(1902)9月20日 正三位
明治35年(1902)12月3日 勲一等旭日大綬章
明治37年(1904)6月6日 陸軍大将昇進 議定官
明治39年(1906)4月1日 功二級金鵄勲章
明治40年(1907)9月21日 子爵陞爵
明治40年(1907)10月11日 従二位
明治41年(1908)12月12日 65歳で死去 正二位 勲一等旭日桐花大綬章

15 長谷川好道
(1850.10.1-1924.1.28)
官位 元帥陸軍大将従一位大勲位功一級伯爵
出身地 山口県
嘉永3年8月26日生 
父 岩国藩士長谷川藤次郎の長男
明治3年(1870)1月4日 大阪青年学舎(兵学寮)学生
明治4年(1871)8月1日 陸軍少尉心得
明治4年(1871)12月7日 陸軍大尉任官 第5番大隊長
明治5年(1872)4月19日 陸軍歩兵少佐昇進
明治6年(1873)5月14日 歩兵第1連隊長心得
明治6年(1873)11月20日 陸軍歩兵中佐昇進
明治6年(1873)12月14日 歩兵第1連隊長
明治11年(1878)1月15日 歩兵第11連隊長
明治11年(1878)11月21日 陸軍歩兵大佐昇進
明治14年(1881)1月17日 広島鎮台参謀長
明治15年(1882)3月9日 大阪鎮台参謀長
明治16年(1883)2月5日 中部監軍部参謀
明治19年(1886)8月19日 歩兵第12旅団長心得
明治19年(1886)12月23日 陸軍少将昇進 歩兵第12旅団長
明治25年(1892)4月1日 正四位
明治27年(1894)10月4日 日清戦争出征
明治28年(1895)8月20日 男爵叙爵 功三級金鵄勲章 勲二等旭日重光章
明治29年(1896)6月6日 陸軍中将昇進 第3師団長
明治30年(1897)5月31日 従三位
明治31年(1898)1月14日 近衛師団長
明治35年(1902)5月31日 勲一等瑞宝章
明治35年(1902)8月20日 正三位
明治37年(1904)3月13日 日露戦争出征
明治37年(1904)6月6日 陸軍大将昇進
明治37年(1904)9月8日 韓国駐剳軍司令官
明治38年(1905)5月30日 勲一等旭日大綬章
明治39年(1906)4月1日 勲一等旭日桐花大綬章 功一級金鵄勲章
明治40年(1907)8月30日 従二位
明治40年(1907)9月21日 子爵陞爵
明治41年(1908)12月21日 軍事参議官
明治45年(1912)1月20日 参謀総長
大正3年(1915)9月10日 正二位
大正4年(1914)1月9日 元帥府元帥陸軍大将
大正4年(1915)12月17日 参謀総長辞職
大正5年(1916)7月14日 伯爵陞爵
大正5年(1916)10月16日 朝鮮総督
大正8年(1919)8月12日 辞職
大正9年(1920)2月27日 議定官
大正13年(1924)1月28日 75歳で死去 従一位 大勲位菊花大綬章

16 西寛二郎
(1846.4.5-1912.2.28)
官位 陸軍大将正二位勲一等功一級子爵
出身地 鹿児島県
弘化3年3月10日生
父 薩摩藩士西太郎兵衛の長男
明治4年(1871)7月 陸軍歩兵中尉任官 御親兵2番大隊附
明治4年(1871)12月 陸軍歩兵大尉昇進
明治6年(1873)12月 陸軍歩兵少佐昇進
明治7年(1874)2月 佐賀の乱出征(征討参謀)
明治7年(1874)4月 台湾出征(~明治7年10月)
明治10年(1877)3月 別働第1旅団参謀
明治10年(1877)9月 近衛幕僚参謀
明治11年(1878)12月 参謀本部管東局員
明治12年(1879)3月24日 陸軍歩兵中佐昇進 歩兵第11連隊長
明治15年(1882)2月28日 陸軍歩兵大佐昇進
明治15年(1882)3月9日 名古屋鎮台参謀長
明治19年(1886)5月27日 東京鎮台参謀長
明治20年(1887)6月3日 参謀本部第1局長
明治22年(1889)3月12日 歩兵第11旅団長心得
明治22年(1889)8月24日 陸軍少将昇進 歩兵第11旅団長
明治23年(1890)6月7日 歩兵第2旅団長
明治27年(1894)10月7日 正四位
明治28年(1895)8月20日 男爵叙爵
明治29年(1896)5月21日 兼威海衛占領軍司令官
明治29年(1896)10月14日 陸軍中将昇進 第2師団長
明治32年(1899)11月24日 従三位
明治36年(1903)5月16日 勲一等瑞宝章
明治37年(1904)2月5日 動員下令(日露戦争)
明治37年(1904)6月6日 陸軍大将昇進
明治37年(1904)6月16日 正三位
明治37年(1904)9月8日 遼東守備軍司令官
明治38年(1905)5月9日 教育総監
明治39年(1906)4月1日 勲一等旭日大綬章 功一級金鵄勲章
明治39年(1906)6月15日 兼軍制調査委員長
明治40年(1907)1月17日 欧州出張(貞愛親王随員)
明治40年(1907)7月14日 帰朝
明治40年(1907)9月21日 子爵陞爵
明治41年(1908)12月21日 軍事参議官
明治44年(1911)3月10日 後備役編入
明治45年(1912)2月28日 67歳で死去 正二位 勲一等旭日桐花大綬章

17 児玉源太郎
(1852.4.14-1906.7.23)
官位 陸軍大将正二位勲一等功一級伯爵
出身地 山口県
嘉永5年2月25日生
父 徳山藩士児玉半九郎の長男
明治元年(1868)10月 戊辰戦争参戦(~明治2年5月)
明治2年(1869)8月 兵部省御雇
明治2年(1869)11月 大阪兵学寮入校
明治3年(1870)12月 権曹長
明治4年(1871)4月15日 陸軍准少尉任官 第2大隊副官
明治4年(1871)8月 陸軍歩兵少尉昇進
明治4年(1871)9月 陸軍歩兵中尉昇進
明治5年(1872)6月 歩兵第19番大隊副官
明治5年(1872)7月 陸軍歩兵大尉昇進
明治5年(1872)8月 大阪鎮台副官
明治7年(1874)2月 佐賀の乱戦傷
明治7年(1874)8月28日 熊本鎮台准参謀
明治7年(1874)10月 陸軍歩兵少佐昇進
明治9年(1876)12月 熊本鎮台幕僚参謀副長
明治10年(1877)2月 西南戦争参戦(~明治10年9月)
明治11年(1878)2月 近衛局出仕
明治11年(1878)7月 近衛局参謀
明治11年(1878)12月27日 近衛幕僚参謀副長
明治13年(1880)4月 陸軍歩兵中佐昇進
明治13年(1880)5月7日 歩兵第2連隊長兼佐倉営所司令官
明治16年(1883)2月6日 陸軍歩兵大佐昇進
明治18年(1885)5月26日 参謀本部管東局長
明治18年(1885)7月24日 参謀本部第1局長
明治19年(1886)9月30日 兼陸軍大学校幹事(~明治20年10月25日)
明治20年(1887)6月3日 監軍部参謀長兼陸軍大学校幹事
明治20年(1887)10月25日 兼陸軍大学校長(~明治22年11月2日)
明治22年(1889)8月24日 陸軍少将昇進
明治22年(1889)11月2日 監軍部参謀長
明治24年(1891)10月25日 欧州出張
明治25年(1892)8月18日 帰朝
明治25年(1892)8月23日 陸軍次官兼軍務局長
明治26年(1893)4月12日 兼陸軍省法官部長(~明治29年5月20日)
明治27年(1894)10月7日 正四位
明治28年(1895)3月28日 大本営留守参謀長
明治28年(1895)4月1日 兼臨時検疫部長
明治28年(1895)8月20日 男爵叙爵
明治29年(1896)10月14日 陸軍中将昇進
明治31年(1898)1月14日 第3師団長
明治31年(1898)2月26日 台湾総督
明治31年(1898)3月5日 従三位
明治32年(1899)12月27日 勲一等瑞宝章
明治33年(1900)12月23日 兼陸軍大臣(~明治35年3月27日)
明治34年(1901)4月9日 正三位
明治35年(1902)2月27日 勲一等旭日大綬章
明治36年(1903)7月15日 兼内務大臣
明治36年(1903)7月17日 兼文部大臣
明治36年(1903)10月2日 免兼
明治36年(1903)10月12日 兼参謀本部次長
明治37年(1904)6月6日 陸軍大将昇進
明治37年(1904)6月20日 満洲軍総参謀長
明治38年(1905)12月20日 参謀本部次長事務取扱(~明治39年4月16日)
明治39年(1906)4月1日 勲一等旭日桐花大綬章 功一級金鵄勲章
明治39年(1906)4月11日 参謀総長 子爵陞爵
明治39年(1906)4月30日 従二位 
明治39年(1906)7月13日 兼南満鉄道創立委員長
明治39年(1906)7月23日 55歳で死去 正二位
明治40年(1907)10月2日 伯爵陞爵

18 乃木希典
(1849.12.15-1912.9.13)
官位 陸軍大将正二位勲一等功一級伯爵
出身地 山口県
嘉永2年11月11日生
父 長府藩士乃木希次の長男
明治4年(1871)11月23日 陸軍歩兵少佐任官
明治8年(1875)12月4日 歩兵第14連隊長心得
明治10年(1877)2月 西南戦争出征
明治10年(1877)4月22日 陸軍歩兵中佐昇進 熊本鎮台参謀
明治11年(1878)1月26日 歩兵第1連隊長
明治13年(1880)4月29日 陸軍歩兵大佐昇進
明治16年(1883)2月7日 東京鎮台参謀長
明治18年(1885)5月21日 陸軍少将昇進 歩兵第11旅団長
明治19年(1886)11月30日 独国留学
明治21年(1888)6月14日 帰朝
明治22年(1889)3月9日 近衛歩兵第2旅団長
明治23年(1890)7月25日 歩兵第5旅団長
明治25年(1892)2月3日 休職
明治25年(1892)12月8日 歩兵第1旅団長
明治27年(1894)8月 日清戦争出征
明治28年(1895)4月5日 陸軍中将昇進 第2師団長
明治28年(1895)8月20日 男爵叙爵
明治28年(1895)9月30日 台湾出征 
明治29年(1896)10月14日 台湾総督
明治29年(1896)12月8日 従三位
明治30年(1897)6月26日 勲一等瑞宝章
明治31年(1898)10月3日 第11師団長
明治34年(1901)5月22日 休職
明治35年(1902)5月22日 予備役編入
明治37年(1904)2月5日 留守近衛師団長
明治37年(1904)5月2日 第3軍司令官
明治37年(1904)5月 出征(~明治39年1月)
明治37年(1904)6月6日 陸軍大将昇進
明治37年(1904)6月16日 正三位
明治39年(1906)1月26日 軍事参議官
明治39年(1906)4月1日 勲一等旭日桐花大綬章 功一級金鵄勲章
明治39年(1906)8月25日 宮内省御用掛
明治40年(1907)1月31日 兼学習院院長
明治40年(1907)9月21日 伯爵陞爵
明治42年(1909)7月10日 従二位
明治44年(1911)4月 英国出張(戴冠式参列 ~明治44年9月)
大正元年(1912)9月13日 64歳で自決
大正5年(1916)11月3日 贈正二位

19 伏見宮貞愛親王
(1858.6.9-1923.2.4)
官位 元帥陸軍大将大勲位功二級
出身地 皇族
安政5年4月28日生
父 伏見宮邦家親王の十四男
明治5年(1872)4月 伏見宮家督相続
明治5年(1872)10月 大学南校入校
明治6年(1873)11月25日 陸軍歩兵少尉任官
明治6年(1873)12月 陸軍幼年学校入校
明治8年(1875)1月 陸軍歩兵中尉昇進
明治8年(1875)2月 陸軍士官学校入校(旧1期)
明治8年(1875)12月31日 勲一等旭日大綬章
明治10年(1877)3月 西南戦争出征(征討総督附~明治10年7月)
明治11年(1878)8月29日 陸軍歩兵大尉昇進 陸軍士官学校附
明治12年(1879)3月 近衛局出仕
明治13年(1880)4月 参謀本部出仕
明治14年(1881)11月 陸軍歩兵少佐昇進
明治17年(1884)11月 陸軍歩兵中佐昇進
明治18年(1885)8月 欧州差遣
明治19年(1886)8月 帰朝
明治19年(1886)12月29日 大勲位菊花大綬章
明治20年(1887)4月28日 近衛歩兵第4連隊長
明治20年(1887)11月3日 陸軍歩兵大佐昇進
明治25年(1892)12月8日 陸軍少将昇進 歩兵第4旅団長
明治28年(1895)11月26日 歩兵第1旅団長
明治31年(1898)10月1日 陸軍中将昇進 第10師団長
明治34年(1901)4月2日 第1師団長(~明治37年7月10日)
明治37年(1904)2月6日 動員下令(日露戦争)
明治37年(1904)6月28日 陸軍大将昇進
明治37年(1904)7月10日 大本営附
明治38年(1905)1月19日 軍事参議官(~大正4年1月9日)
明治39年(1906)4月1日 功二級金鵄勲章
明治40年(1907)1月27日 遣英答礼大使
明治40年(1907)7月14日 帰国
大正元年(1912)12月21日 内大臣府出仕
大正3年(1914)1月9日 元帥府元帥陸軍大将
大正3年(1914)4月28日 内大臣府出仕辞職
大正5年(1916)1月19日 大勲位菊花章頸飾
大正12年(1923)2月4日 66歳で薨去

20 小川又次
(1848.8.22-1909.10.20)
官位 陸軍大将正二位勲一等功二級子爵
出身地 福岡県
嘉永1年7月24日生
父 小倉藩士小川兼宣の長男 旧名 小川助太郎
小倉藩兵 大阪兵学寮生徒
明治4年(1871)1月 陸軍権曹長心得
明治4年(1871)12月 陸軍少尉心得
明治5年(1872)2月15日 陸軍歩兵少尉任官
明治5年(1872)5月 陸軍歩兵中尉昇進
明治6年(1873)4月 陸軍歩兵大尉昇進
明治7年(1874)4月 台湾征討軍従軍
明治8年(1875)1月 東京鎮台第1連隊附
明治9年(1876)4月 歩兵第13連隊大隊長
明治10年(1877)2月 西南戦争出征(~明治10年9月)
明治10年(1877)4月 陸軍歩兵少佐昇進
明治11年(1878)3月 熊本鎮台参謀副長
明治12年(1879)4月 参謀本部管西局員
明治13年(1880)4月 清国派遣
明治14年(1881)2月19日 陸軍歩兵中佐昇進 大阪鎮台参謀長
明治15年(1882)3月7日 広島鎮台参謀長
明治17年(1884)10月25日 陸軍歩兵大佐昇進
明治17年(1884)10月28日 歩兵第8連隊長
明治18年(1885)5月26日 参謀本部管西局長
明治18年(1885)7月24日 参謀本部第2局長
明治23年(1890)6月7日 陸軍少将昇進 歩兵第4旅団長
明治25年(1892)12月8日 近衛歩兵第1旅団長
明治27年(1894)8月27日 第1軍参謀長
明治28年(1895)8月20日 男爵叙爵
明治29年(1896)1月27日 近衛歩兵第2旅団長
明治30年(1897)4月8日 陸軍中将昇進 第4師団長(~明治37年9月)
明治34年(1901)7月20日 従三位
明治36年(1903)5月16日 勲一等瑞宝章
明治37年(1904)5月 日露戦争出征(~明治37年10月)
明治37年(1904)9月3日 遼陽戦傷(明治38年9月退院)
明治38年(1905)1月15日 陸軍大将昇進
明治38年(1905)2月9日 正三位
明治38年(1905)12月14日 休職
明治39年(1906)4月1日 勲一等旭日大綬章
明治40年(1907)9月21日 子爵陞爵
明治40年(1907)11月13日 予備役編入
明治40年(1907)12月10日 従二位
明治42年(1909)10月20日 62歳で死去 正二位

21 川村景明
(1850.4.8-1926.4.28)
官位 元帥陸軍大将従一位大勲位功一級子爵
出身地 鹿児島県
嘉永3年2月26日生
父 薩摩藩士野崎吉兵衛の三男
薩英戦争、戊辰戦争参戦
明治2年(1869)4月 薩摩藩歩兵第1大隊第1小隊小頭
明治4年(1871)4月 上京
明治4年(1871)7月23日 軍曹 御親兵歩兵第2大隊2番小隊附
明治5年(1872)7月23日 陸軍歩兵少尉任官 近衛歩兵第2大隊8番小隊附
明治6年(1873)11月30日 陸軍歩兵中尉昇進 近衛歩兵第4大隊副官
明治7年(1874)4月26日 陸軍歩兵大尉昇進 近衛歩兵第2連隊中隊長
明治9年(1876)4月21日 広島鎮台歩兵第11連隊大隊長心得
明治9年(1876)11月2日 萩の乱出征
明治10年(1877)2月14日 西南戦争出征(征討第3旅団 ~明治10年10月6日)
明治10年(1877)4月9日 陸軍歩兵少佐昇進 歩兵第11連隊大隊長
明治15年(1882)2月28日 陸軍歩兵中佐昇進 歩兵第4連隊長
明治18年(1885)4月26日 熊本鎮台参謀長
明治19年(1886)4月23日 陸軍歩兵大佐昇進
明治21年(1888)5月14日 第6師団参謀長
明治22年(1889)3月12日 参謀本部第1局長
明治24年(1891)6月1日 陸軍少将昇進 歩兵第8旅団長
明治27年(1894)8月27日 近衛歩兵第1旅団長
明治28年(1895)12月4日 男爵叙爵 功三級金鵄勲章
明治30年(1897)3月22日 正四位
明治30年(1897)10月27日 陸軍中将昇進 第1師団長
明治34年(1901)4月2日 第10師団長
明治35年(1902)4月30日 従三位 
明治37年(1904)5月9日 日露戦争出征
明治37年(1904)5月27日 勲一等瑞宝章
明治38年(1905)1月15日 陸軍大将昇進 鴨緑江軍司令官
明治38年(1905)5月11日 正三位
明治39年(1906)1月26日 軍事参議官(~明治39年8月30日)
明治39年(1906)4月1日 勲一等旭日桐花大綬章 功一級金鵄勲章
明治39年(1906)4月11日 兼東京衛戍総督(~大正2年8月22日)
明治40年(1907)9月21日 子爵陞爵
明治41年(1908)12月21日 軍事参議官(~大正4年1月9日)
明治43年(1910)5月22日 従二位
大正3年(1914)1月9日 元帥府元帥陸軍大将
大正6年(1917)5月30日 正二位
大正8年(1919)12月1日 在郷軍人会会長(~大正15年4月)
大正11年(1922)2月14日 議定官
大正15年(1926)4月28日 77歳で死去 従一位 大勲位菊花大綬章

22 大島義昌
(1850.9.20-1926.4.10)
官位 陸軍大将正二位勲一等功二級子爵
出身地 山口県
嘉永3年8月15日生
父 長州藩士大島慶三郎の長男
明治3年(1870)4月 大阪兵学寮生徒
明治4年(1871)8月 陸軍少尉心得 歩兵第4連隊附
明治4年(1871)9月 陸軍歩兵中尉心得
明治4年(1871)11月22日 陸軍歩兵大尉任官
明治6年(1873)5月14日 歩兵第1連隊大隊長
明治6年(1873)12月3日 陸軍歩兵少佐昇進
明治10年(1877)1月29日 歩兵第8連隊第1大隊長
明治10年(1877)2月24日 西南戦争出征(~明治10年9月24日)
明治14年(1881)3月8日 中部監軍部参謀
明治15年(1882)3月3日 陸軍歩兵中佐昇進 仙台鎮台歩兵第5連隊長
明治18年(1885)5月13日 仙台鎮台参謀長心得
明治19年(1886)3月12日 陸軍士官学校次長
明治19年(1886)4月23日 陸軍歩兵大佐昇進
明治20年(1887)6月15 日 東京鎮台参謀長
明治21年(1888)5月14日 第1師団参謀長
明治24年(1891)6月13日 陸軍少将昇進 歩兵第9旅団長
明治27年(1894)6月5日 動員下令 混成第9旅団長
明治28年(1895)8月20日 男爵叙爵 功三級金鵄勲章 勲二等旭日重光章
明治30年(1897)3月22日 正四位
明治30年(1897)7月8日 対馬警備隊司令官
明治31年(1898)2月26日 陸軍中将昇進 第3師団長
明治35年(1902)4月30日 従三位
明治36年(1903)5月16日 勲一等瑞宝章
明治37年(1904)3月6日 動員下令(日露戦争)
明治38年(1905)10月18日 陸軍大将昇進 関東総督
明治38年(1905)11月30日 正三位
明治39年(1906)4月1日 勲一等旭日大綬章 功二級金鵄勲章
明治39年(1906)9月1日 関東都督(関東総督改称)
明治40年(1907)9月21日 子爵陞爵
明治43年(1910)12月20日 従二位
明治44年(1911)9月6日 兼軍事参議官
明治45年(1912)4月26日 軍事参議官
明治45年(1912)6月17日 勲一等旭日桐花大綬章
大正4年(1915)8月15日 後備役編入
大正9年(1920)4月1日 退役
大正9年(1920)9月20日 正二位
大正15年(1926)4月10日 77歳で死去

23 大島久直
(1848.10.1-1928.9.27)
官位 陸軍大将正二位勲一等功二級子爵
出身地 秋田県
嘉永元年9月5日生 
父 秋田藩士大島久徴の次男
明治3年(1870)4月 第3番大隊
明治4年(1871)5月25日 陸軍歩兵中尉任官
明治4年(1871)11月 陸軍歩兵大尉昇進
明治5年(1872)8月 第7番大隊副官
明治7年(1874)6月 歩兵第2連隊大隊長
明治7年(1874)11月 陸軍歩兵少佐昇進
明治8年(1875)12月 東京鎮台幕僚参謀副長
明治10年(1877)3月 別働第4旅団編入(歩兵第1連隊大隊長)
明治10年(1877)3月 西南戦争出征(~明治10年9月)
明治12年(1879)7月 東京鎮台参謀
明治13年(1880)6月 総務局次長心得
明治14年(1881)2月18日 陸軍歩兵中佐昇進 陸軍省総務局次長
明治15年(1882)10月14日 東京衛戍司令官
明治16年(1883)6月29日 歩兵第11連隊長
明治20年(1887)4月27日 陸軍歩兵大佐昇進
明治22年(1889)4月7日 近衛歩兵第3連隊長
明治23年(1890)6月13日 陸軍大学校長
明治25年(1892)2月3日 陸軍少将昇進 歩兵第5旅団長
明治25年(1892)9月7日 監軍部参謀長
明治26年(1893)11月22日 歩兵第6旅団長
明治28年(1895)5月23日 台湾総督府軍政部長
明治28年(1895)8月8日 台湾総督府陸軍参謀長
明治28年(1895)8月20日 男爵叙爵
明治29年(1896)4月1日 陸軍大学校長事務取扱
明治29年(1896)6月6日 歩兵第12旅団長
明治30年(1897)4月24日 陸軍大学校長
明治31年(1898)10月1日 陸軍中将昇進 第9師団長
明治34年(1901)6月1日 清国駐屯軍司令官(~明治34年7月4日)
明治35年(1902)8月20日 正四位
明治36年(1903)5月16日 勲一等瑞宝章
明治37年(1904)5月9日 動員下令(日露戦争)
明治38年(1905)8月26日 従三位
明治39年(1906)4月1日 勲一等旭日大綬章 功二級金鵄勲章
明治39年(1906)5月29日 陸軍大将昇進
明治39年(1906)7月6日 近衛師団長
明治40年(1907)9月21日 子爵陞爵
明治41年(1908)9月30日 正三位
明治41年(1908)12月21日 教育総監
明治44年(1911)9月6日 軍事参議官
大正2年(1903)9月5日 後備役編入
大正2年(1903)10月10日 従二位
昭和3年(1928)9月27日 81歳で死去 勲一等旭日桐花大綬章

24 大迫尚敏
(1844.12.24-1927.9.20)
官位 陸軍大将正二位勲一等功二級子爵
出身地 鹿児島県
弘化元年11月15日生 
父 薩摩藩士大迫新蔵の長男
明治4年(1871)3月 御親兵
明治4年(1871)7月26日 陸軍歩兵中尉任官
明治6年(1873)2月 陸軍省8等出仕
明治7年(1874)8月 陸軍歩兵大尉昇進
明治10年(1877)2月 出征(~明治10年9月)
明治10年(1877)4月 陸軍歩兵少佐昇進 熊本鎮台参謀
明治16年(1883)6月29日 陸軍歩兵中佐昇進 歩兵第6連隊長
明治18年(1885)5月26日 近衛歩兵第1連隊長
明治20年(1887)4月27日 陸軍歩兵大佐昇進
明治23年(1890)10月1日 第4師団参謀長
明治24年(1891)6月1日 参謀本部第1局長
明治25年(1892)9月7日 陸軍少将昇進 歩兵第5旅団長
明治28年(1895)8月20日 男爵叙爵
明治31年(1898)8月26日 参謀本部次長
明治31年(1898)10月1日 陸軍中将昇進
明治33年(1900)4月25日 第7師団長
明治35年(1902)8月20日 正四位
明治36年(1903)5月16日 勲一等瑞宝章
明治37年(1904)8月4日 動員下令(日露戦争)
明治38年(1905)8月26日 従三位
明治39年(1906)4月1日 勲一等旭日大綬章 功二級金鵄勲章
明治39年(1906)5月29日 陸軍大将昇進
明治39年(1906)7月6日 休職
明治40年(1907)9月21日 子爵陞爵
明治40年(1907)11月13日 予備役編入
明治40年(1907)12月10日 正三位
大正元年(1912)11月25日 学習院長
大正6年(1917)8月25日 辞職
昭和2年(1927)9月20日 84歳で死去 勲一等旭日桐花大綬章

25 立見尚文
(1845.8.21-1907.3.6)
官位 陸軍大将正三位勲一等功二級子爵
出身地 三重県
弘化2年7月19日生 
父 桑名藩士町田伝太夫の三男 養父 桑名藩士立見尚志 旧名 立見鑑三郎
明治5年(1872)1月 安濃津県十一等出仕
明治5年(1872)11月 上京
明治6年(1873)4月 司法省十等出仕
明治6年(1873)7月 新治裁判所在勤
明治7年(1874)4月 帰京
明治7年(1874)5月 三級判事補
明治8年(1875)8月 二級判事補
明治9年(1876)2月 高知裁判所在勤
明治9年(1876)10月 一級判事補
明治9年(1876)11月 徳島支庁詰
明治10年(1877)5月 東京裁判所詰
明治10年(1877)6月29日 陸軍歩兵少佐初任
明治10年(1877)7月 新撰旅団参謀副長(西南戦争に出征)
明治10年(1877)10月 帰還
明治11年(1878)3月 歩兵第10連隊大隊長
明治11年(1878)5月 歩兵第8連隊大隊長
明治12年(1879)2月 大阪鎮台参謀
明治13年(1880)7月 近衛参謀
明治17年(1884)2月14日 陸軍歩兵中佐昇進 歩兵第1連隊長
明治18年(1885)5月27日 近衛歩兵第3連隊長
明治19年(1886)8月11日 小松宮欧州出張随員
明治20年(1887)11月16日 陸軍歩兵大佐昇進
明治22年(1889)3月12日 第3師団参謀長
明治22年(1889)9月11日 近衛参謀長
明治24年(1891)12月14日 近衛師団参謀長
明治27年(1894)6月14日 陸軍少将昇進 歩兵第10旅団長
明治27年(1894)8月 日清戦争出征
明治28年(1895)7月 帰還
明治28年(1895)8月20日 男爵叙爵
明治29年(1896)1月28日 陸軍大学校長事務取扱(~明治29年4月1日)
明治29年(1896)4月14日 台湾総督府陸軍軍務局長
明治30年(1897)11月1日 台湾総督府陸軍部参謀長
明治31年(1898)10月1日 陸軍中将昇進 第8師団長
明治35年(1902)8月20日 正四位
明治37年(1904)6月7日 動員下令(日露戦争)
明治37年(1904)11月29日 勲一等瑞宝章
明治38年(1905)8月26日 従三位
明治39年(1906)4月1日 勲一等旭日大綬章 功二級金鵄勲章
明治39年(1906)5月29日 陸軍大将昇進
明治39年(1906)7月6日 休職
明治40年(1907)3月6日 63歳で死去 正三位
明治40年(1907)10月2日 嗣子豊丸子爵

26 寺内正毅
(1852.2.24-1919.11.3)
官位 元帥陸軍大将従一位大勲位功一級伯爵
出身地 山口県
嘉永5年2月5日生
父 長州藩士多田庄兵衛の三男 養父 長州藩士寺内勘右衛門
明治3年(1870)6月 大隊七等下士官
明治3年(1870)12月 陸軍軍曹
明治4年(1871)1月 権曹長
明治4年(1871)8月14日 陸軍歩兵少尉任官
明治4年(1871)11月23日 陸軍歩兵中尉昇進
明治5年(1872)2月27日 陸軍歩兵大尉昇進
明治5年(1872)3月13日 教導団附
明治6年(1873)8月27日 戸山学校入学
明治7年(1874)6月25日 戸山学校教則課程卒業
明治7年(1874)7月13日 陸軍士官学校附
明治8年(1875)1月 陸軍士官学校生徒司令副官
明治10年(1877)2月 後備歩兵第6大隊長心得
明治10年(1877)3月7日 征討軍団附
明治10年(1877)3月11日 近衛歩兵第1連隊第1大隊第1中隊長
明治12年(1879)2月24日 陸軍歩兵少佐昇進
明治12年(1879)2月25日 陸軍士官学校生徒大隊司令官
明治14年(1881)9月 陸軍士官学校生徒司令官
明治15年(1882)9月16日 総務局出仕
明治15年(1882)9月19日 仏国差遣
明治16年(1883)5月7日 駐仏国公使館附武官(~明治19年1月7日)
明治17年(1884)9月19日 陸軍歩兵中佐昇進
明治19年(1886)1月7日 陸軍大臣官房副長
明治19年(1886)3月1日 陸軍大臣秘書官
明治19年(1886)4月19日 兼陸軍戸山学校次長
明治20年(1887)6月6日 兼陸軍士官学校長心得
明治20年(1887)11月16日 陸軍歩兵大佐昇進
明治20年(1887)11月17日 陸軍士官学校長
明治24年(1891)6月13日 第1師団参謀長
明治25年(1892)9月8日 参謀本部第1局長
明治27年(1894)6月9日 大本営運輸通信長官(~明治29年3月31日)
明治27年(1894)8月27日 陸軍少将昇進
明治28年(1895)6月18日 参謀本部第1局長事務取扱(~明治29年3月31日)
明治28年(1895)8月20日 男爵叙爵 功三級金鵄勲章
明治29年(1896)3月31日 参謀本部附
明治29年(1896)6月28日 欧州差遣
明治29年(1896)10年14日 歩兵第3旅団長
明治30年(1897)6年14日 帰朝
明治31年(1898)1月22日 教育総監
明治31年(1898)2月18日 兼陸軍士官学校長事務取扱(~明治31年12月23日)
明治31年(1898)10月1日 陸軍中将昇進
明治33年(1900)4月25日 参謀本部次長
明治34年(1901)2月18日 陸軍大学校長事務取扱(~明治35年5月5日)
明治34年(1901)12月27日 勲一等旭日大綬章
明治35年(1902)3月27日 陸軍大臣(~明治44年8月30日)
明治35年(1902)4月11日 正四位
明治37年(1904)3月17日 兼教育総監(~明治38年5月9日)
明治37年(1904)4月20日 従三位
明治39年(1906)4月1日 勲一等旭日桐花大綬章 功一級金鵄勲章
明治39年(1906)7月25日 兼南満州鉄道設立委員会委員長
明治39年(1906)11月21日 陸軍大将昇進
明治39年(1906)12月13日 南満州鉄道設立委員会委員長辞職
明治40年(1907)1月14日 鉄道会議議長
明治40年(1907)7月2日 正三位
明治40年(1907)9月21日 子爵陞爵
明治41年(1908)7月14日 兼外相(~明治41年8月30日)
明治41年(1908)10月8日 兼馬政長官
明治43年(1910)5月30日 兼韓国統監
明治43年(1910)10月1日 兼朝鮮総督
明治43年(1910)11月3日 帝国在郷軍人会会長(~大正8年11月3日)
明治44年(1911)4月21日 伯爵陞爵
明治44年(1911)9月6日 軍事参議官
明治45年(1911)5月31日 従二位
大正5年(1916)6月24日 元帥府元帥陸軍大将
大正5年(1916)10月19日 内閣総理大臣兼外務大臣兼大蔵大臣
大正5年(1916)11月21日 免兼外務大臣
大正5年(1916)12月16日 免兼大蔵大臣
大正7年(1918)9月29日 総辞職
大正7年(1918)9月30日 前官礼遇
大正8年(1919)10月20日 正二位
大正8年(1919)11月3日 68歳で死去 従一位 大勲位菊花大綬章

27 井上光
(1851.11.30-1908.12.17)
官位 陸軍大将従二位勲一等功二級男爵
出身地 山口県
嘉永4年11月8日生
実父 岩国藩士森脇兵介の次男 養父 岩国藩士井上光禎
精義隊隊員 戊辰戦争参戦 大阪青年学舎生徒
明治4年(1871)5月22日 陸軍歩兵大尉任官
明治4年(1871)6月 御親兵 第7番大隊附
明治5年(1872)9月 近衛局出仕
明治7年(1874)7月 近衛准官参謀
明治8年(1875)6月 陸軍士官学校生徒隊附
明治9年(1876)4月 広島鎮台歩兵第12連隊第3大隊長
明治9年(1876)7月 陸軍歩兵少佐昇進
明治10年(1877)3月 別働第1旅団編入(~明治10年10月)
明治11年(1878)12月 熊本鎮台幕僚参謀副長
明治13年(1880)7月 名古屋鎮台参謀
明治16年(1883)2月 西部監軍部参謀
明治18年(1885)5月27日 陸軍歩兵中佐昇進 歩兵第1連隊長
明治21年(1888)11月16日 陸軍歩兵大佐昇進
明治22年(1889)9月11日 第3師団参謀長
明治27年(1894)2月 欧州派遣(~明治27年8月)
明治27年(1894)9月25日 第2軍参謀長
明治27年(1894)10月 日清戦争出征(~明治28年5月)
明治27年(1894)11月29日 陸軍少将昇進
明治28年(1895)5月14日 歩兵第6旅団長
明治28年(1895)8月20日 監軍部参謀長
明治31年(1898)1月22日 歩兵第3旅団長
明治32年(1899)3月13日 陸軍中将昇進 第12師団長
明治35年(1902)8月20日 正四位
明治36年(1903)11月25日 勲一等瑞宝章
明治37年(1904)2月4日 動員下令(日露戦争~明治38年12月)
明治38年(1905)8月26日 従三位
明治39年(1906)4月1日 勲一等旭日大綬章 功二級金鵄勲章
明治39年(1906)7月6日 第4師団長
明治40年(1907)9月21日 男爵叙爵
明治41年(1908)8月7日 陸軍大将昇進
明治41年(1908)9月30日 正三位
明治41年(1908)12月17日 58歳で死去 勲一等旭日桐花大綬章 従二位

28 大久保春野
(1846.10.8-1915.1.26)
官位 陸軍大将従二位勲一等功二級男爵
出身地 静岡県
弘化3年8月18日生
父 神官大久保忠尚の長男 旧名 堀江堤一郎
明治3年(1870)5月 大阪兵学校内幼年校生徒(~明治3年10月)
明治3年(1870)10月 仏国留学(~明治8年7月)
明治8年(1875)7 月 陸軍省七等出仕
明治10年(1877)4月21日 陸軍歩兵少佐任官 陸軍省第2局第5課長
明治12年(1879)1月 陸軍省第2局第1課長
明治12年(1879)10月 陸軍省人員局歩兵課長
明治13年(1880)5月 熊本鎮台歩兵第14連隊大隊長
明治15年(1882)12月 参謀本部管西局員
明治18年(1885)5月 陸軍歩兵中佐昇進
明治18年(1885)7月24日 参謀本部編纂課長兼第2局第3課長
明治19年(1886)3月19日 歩兵第12連隊長
明治22年(1889)5月14日 陸軍歩兵大佐昇進
明治23年(1890)6月13日 陸軍戸山学校校長
明治24年(1891)6月15日 陸軍士官学校長
明治25年(1892)11月24日 第2師団参謀長
明治27年(1894)11月29日 陸軍少将昇進 歩兵第7旅団長
明治28年(1895)4月 出征
明治28年(1895)4月 海城方面守備隊司令官
明治28年(1895)4月 鳳凰城方面守備隊司令官(~明治28年12月)
明治30年(1897)12月10日 近衛歩兵第1旅団長
明治33年(1900)4月25日 陸軍中将昇進 教育総監部参謀長
明治35年(1902)5月5日 第6師団長
明治35年(1902)8月20日 正四位
明治37年(1904)5月19日 動員下令(日露戦争)
明治38年(1905)8月26日 従三位
明治38年(1905)11月30日 勲一等瑞宝章
明治39年(1906)4月1日 勲一等旭日大綬章 功二級金鵄勲章
明治39年(1906)7月6日 第3師団長
明治40年(1907)9月21日 男爵叙爵
明治41年(1908)8月7日 陸軍大将昇進
明治41年(1908)9月30日 正三位
明治41年(1908)12月21日 韓国駐箚軍司令官
明治43年(1910)10月1日 朝鮮駐箚軍司令官(韓国駐箚軍改称)
明治44年(1911)8月18日 後備役編入
大正4年(1915)1月26日 70歳で死去 従二位 勲一等旭日桐花大綬章

29 土屋光春
(1848.9.23-1920.11.17)
官位 陸軍大将正三位勲一等功二級男爵
出身地 愛知県
嘉永元年8月26日生
父 岡崎藩士渡利伝左衛門の四男 養父 岡崎藩士土屋光時の養嗣子
明治5年(1872)6月3日 陸軍歩兵少尉任官
明治6年(1873)9月 陸軍歩兵中尉昇進
明治7年(1874)2月 佐賀の乱出征(~明治7年3月)
明治10年(1877)5月 陸軍歩兵大尉昇進 教導団附
明治10年(1877)3月 西南戦争出征(~明治10年10月)
明治10年(1877)8月 征討別働隊第1参謀
明治10年(1877)10月 教導団附
明治11年(1878)12月 参謀本部管東局員
明治12年(1879)3月 高島欧州出張随員(~明治13年3月)
明治13年(1880)6月 参謀本部管東局員
明治15年(1882)3月 陸軍歩兵少佐昇進 歩兵第5連隊大隊長
明治18年(1885)5月 西部監軍部参謀
明治19年(1886)5月 大阪鎮台参謀
明治22年(1889)11月28日 陸軍歩兵中佐昇進 歩兵第20連隊長
明治23年(1890)10月14日 監軍部参謀長
明治25年(1892)11月22日 陸軍省軍務局第1軍事課長
明治26年(1893)11月1日 陸軍歩兵大佐昇進
明治27年(1894)6月 大本営参謀
明治27年(1894)8月11日 参謀本部第2局長心得
明治27年(1894)8月30日 参謀本部第2局長
明治29年(1896)5月12日 参謀本部第2部長
明治30年(1897)9月28日 陸軍少将昇進 歩兵第17旅団長
明治33年(1900)5月30日 台湾守備混成第1旅団長
明治34年(1901)5月22日 近衛歩兵第1旅団長
明治35年(1902)5月5日 陸軍中将昇進 第11師団長
明治37年(1904)7月15日 正四位
明治37年(1904)12月1日 旅順戦傷 参謀本部附
明治38年(1905)7月6日 第14師団長
明治39年(1906)4月1日 勲一等旭日大綬章 功二級金鵄勲章
明治39年(1906)7月6日 第11師団長
明治40年(1907)8月10日 従三位
明治40年(1907)9月21日 男爵叙爵
明治41年(1908)11月21日 第4師団長
明治43年(1910)8月26日 陸軍大将昇進 後備役編入
明治43年(1910)9月30日 正三位
大正9年(1920)11月17日 73歳で死去

30 鮫島重雄
(1849.10.21-1928.4.17)
官位 陸軍大将正三位勲一等功二級男爵
出身地 鹿児島県
嘉永2年9月6日生 
父 薩摩藩士鮫島藤兵衛の次男
明治4年(1871)9月 御親兵
明治6年(1873)1月 陸軍教導団入
明治6年(1873)6月 伍長
明治7年(1874)3月 陸軍士官学校生徒 
明治7年(1874)9月 少尉試補 東京鎮台附 士官学校生徒
明治8年(1875)3月22日 陸軍工兵少尉任官
明治10年(1877)2月 西南戦争出征(~明治10年10月)
明治10年(1877)4月 陸軍工兵中尉昇進 第1旅団参謀
明治11年(1878)2月 工兵第1大隊中隊長
明治12年(1879)3月 参謀本部管西局員
明治14年(1881)4月 陸軍工兵大尉昇進
明治16年(1883)2月 近衛衛師団参謀
明治18年(1885)7月 工兵第3大隊長心得
明治19年(1886)3月 陸軍大学校副幹事心得
明治19年(1886)5月 陸軍工兵少佐昇進 陸軍大学校副幹事
明治20年(1887)6月 陸軍部参謀
明治22年(1889)11月 陸軍工兵中佐昇進 近衛師団参謀
明治27年(1894)6月18日 陸軍工兵大佐昇進 近衛師団参謀長
明治29年(1896)10月15日 中部都督部参謀長
明治30年(1897)9月28日 陸軍少将昇進
明治33年(1900)4月25日 由良要塞司令官
明治35年(1902)5月5日 東京湾要塞司令官
明治37年(1904)9月3日 陸軍中将昇進
明治37年(1904)9月5日 大本営附
明治37年(1904)12月1日 第11師団長
明治37年(1904)12月23日 正四位
明治39年(1906)4月1日 勲一等旭日大綬章
明治39年(1906)7月6日 第14師団長
明治40年(1907)9月21日 男爵叙爵
明治40年(1907)12月27日 従三位
明治44年(1911)9月6日 陸軍大将昇進 後備役編入
明治44年(1911)9月30日 正三位
昭和3年(1928)4月17日 80歳で死去

31 上田有沢
(1850.3.27-1921.11.30)
官位 陸軍大将正三位勲一等功二級男爵
出身地 徳島県  
嘉永3年2月14日生
父 徳島藩士上田吉之丞の次男
明治2年(1869)2月 第6番大隊司令
明治2年(1869)8月 銃士3番大隊司令(~明治3年8月)
明治4年(1871)11月 陸軍大尉心得
明治5年(1872)4月10日 陸軍歩兵大尉任官
明治6年(1873)10月 歩兵第16大隊第2中隊附
明治8年(1875)5月 歩兵第12連隊附
明治9年(1876)7月 歩兵第11連隊第2大隊第3中隊長
明治10年(1877)2月 第2旅団所属(西南戦争出征)
明治12年(1879)2月 参謀本部管西局員
明治14年(1881)9月 陸軍歩兵少佐昇進
明治14年(1881)10月 仙台鎮台歩兵第4連隊第2大隊長
明治17年(1884)3月 熊本鎮台参謀
明治22年(1889)11月 陸軍歩兵中佐昇進
明治22年(1889)11月 第3師団参謀
明治24年(1891)6月10日 歩兵第22連隊長
明治26年(1893)11月1日 陸軍歩兵大佐昇進
明治27年(1894)6月6日 第5師団参謀長
明治29年(1896)10月15日 西部都督部参謀長
明治30年(1897)9月28日 陸軍少将昇進 
明治31年(1898)10月1日 陸軍大学校校長
明治34年(1901)2月18日 歩兵第22旅団長
明治35年(1902)5月5日 陸軍中将昇進 教育総監部参謀長
明治37年(1904)3月17日 第5師団長
明治37年(1904)7月15日 正四位
明治37年(1904)11月2日 台湾守備軍司令官
明治39年(1906)4月1日 勲一等旭日大綬章 功二級金鵄勲章
明治39年(1906)7月6日 第7師団長
明治40年(1907)8月10日 従三位
明治40年(1907)9月21日 男爵叙爵
明治41年(1908)12月21日 近衛師団長
明治44年(1911)8月18日 朝鮮駐剳軍司令官
明治45年(1912)2月14日 陸軍大将昇進 後備役編入
明治45年(1912)3月1日 正三位
大正10年(1921)11月30日 72歳で死去

32 浅田信興
(1851.11.5-1927.4.27)
官位 陸軍大将従二位勲一等功二級男爵
出身地 埼玉県
嘉永4年10月12日生
父 川越藩士坂口朗忠の三男 養父 川越藩士浅田順信の養子
明治3年(1870)12月 陸軍兵学寮生徒
明治5年(1872)3月16日 陸軍歩兵少尉任官 歩兵5番大隊附
明治6年(1873)10月 陸軍歩兵中尉昇進
明治10年(1877) 第4旅団編入(西南戦争出征)
明治11年(1878)10月 陸軍士官学校教官
明治11年(1878)12月 陸軍歩兵大尉昇進
明治12年(1879)2月 熊本鎮台参謀
明治17年(1884)3月 陸軍歩兵少佐昇進 歩兵第2連隊大隊長
明治18年(1885)5月 教導団歩兵大隊長
明治19年(1886)6月 参謀本部陸軍部第2局第2課長
明治21年(1888)5月 参謀本部第2局員
明治21年(1888)6月 清国派遣(~明治21年9月)
明治22年(1889)5月 歩兵第21連隊第1大隊長
明治24年(1891)6月 陸軍歩兵中佐昇進 第3師団参謀
明治25年(1892)10月1日 歩兵第2連隊長
明治26年(1893)9月14日 屯田兵参謀長
明治27年(1894)11月11日 陸軍歩兵大佐昇進
明治29年(1896)5月12日 第7師団参謀長
明治29年(1896)10月15日 東部都督部参謀長
明治30年(1897)9月28日 陸軍少将昇進
明治31年(1898)10月1日 歩兵第20旅団長
明治34年(1901)4月8日 歩兵第5旅団長
明治35年(1902)5月5日 近衛歩兵第1旅団長
明治37年(1904)3月 日露戦争出征(~明治39年1月)
明治37年(1904)9月8日 陸軍中将昇進 近衛師団長
明治37年(1904)12月23日 正四位
明治39年(1906)4月1日 勲一等旭日大綬章 功二級金鵄勲章
明治39年(1906)7月6日 第12師団長
明治40年(1907)9月21日 男爵叙爵
明治40年(1907)12月27日 従三位
明治43年(1910)8月26日 第4師団長
明治44年(1911)9月6日 教育総監
大正元年(1912)8月10日 陸軍大将昇進
大正元年(1912)9月10日 正三位
大正3年(1914)4月22日 軍事参議官
大正3年(1914)9月15日 兼東京衛戍総督
大正4年(1915)5月24日 軍事参議官
大正5年(1916)10月12日 予備役編入
大正5年(1916)11月10日 従二位
大正7年(1918)4月 日本武徳会会長
大正10年(1921)4月 退役
大正12年(1923)12月 辞
昭和2年(1927)4月27日 77歳で死去 勲一等旭日桐花大綬章

33 閑院宮載仁親王
(1865.11.10-1945.5.20)
官位 元帥陸軍大将大勲位功一級
出身地 皇族 仏陸大卒業
慶応元年9月22日生 
父 伏見宮邦家親王の十六男
明治5年(1872)1月 閑院宮継嗣
明治10年(1877)10月 陸軍幼年校入校
明治11年(1878)8月26日 親王宣下
明治15年(1882)9月 仏国留学(圣西尔陸士 ソーミユール騎兵学校 仏国陸大 仏国軽騎兵第7連隊附)
明治20年(1887)8月18日 陸軍騎兵少尉任官 大勲位菊花大綬章
明治23年(1890)11月 陸軍騎兵中尉昇進
明治24年(1891)7月 帰朝
明治24年(1891)9月 陸軍士官学校生徒隊附
明治25年(1892)11月 陸軍騎兵大尉昇進 陸軍士官学校教官
明治26年(1893)7月 騎兵7大隊中隊長
明治27年(1894)8月 乗馬学校教官
明治27年(1894)9月 第1軍司令部附
明治27年(1894)11月 陸軍騎兵少佐昇進
明治27年(1894)11月3日 騎兵第1大隊長心得
明治28年(1895)10月28日 騎兵第1大隊附
明治29年(1896)8月 騎兵第1連隊長心得
明治29年(1896)11月20日 騎兵第1連隊長
明治30年(1897)11月 陸軍騎兵中佐昇進
明治32年(1899)10月28日 参謀本部出仕(欧州出張)
明治32年(1899)11月3日 陸軍騎兵大佐昇進
明治33年(1900)1月25日 参謀本部部員
明治33年(1900)9月3日 欧州帰国
明治34年(1901)11月3日 陸軍少将昇進 騎兵第2旅団長
明治37年(1904)9月21日 満州軍総司令部附(~明治38年5月)
明治37年(1904)11月3日 陸軍中将昇進
明治38年(1905)5月 大本営附
明治38年(1905)12月20日 参謀本部出仕
明治39年(1906)2月3日 第1師団長
明治44年(1911)9月6日 近衛師団長
大正元年(1912)11月27日 陸軍大将昇進 軍事参議官
大正8年(1919)12月12日 元帥府元帥陸軍大将
大正10年(1921)2月 欧州出張(~大正10年9月 皇太子同行)
大正10年(1921)9月24日 大勲位菊花章頸飾
大正12年(1923)10月27日 兼議定官
昭和6年(1931)12月23日 参謀総長
昭和15年(1940)10月3日 議定官
昭和17年(1942)4月4日 功一級金鵄勲章
昭和20年(1945)5月20日 80歳で薨去

34 福島安正
(1852.10.27-1919.2.19)
官位 陸軍大将正三位勲一等功二級男爵
出身地 長野県
嘉永5年9月15日生 
父 松本藩士福島安広の長男
明治6年(1873)4月 司法省十三等出仕(翻訳課)
明治7年(1874)9月 陸軍省十一等出仕
明治9年(1876)7月 米国出張(~明治9年10月)
明治10年(1877)2月 西南戦争出征(征討総督府附 ~明治10年10月)
明治11年(1878)5月7日 陸軍歩兵中尉任官
明治11年(1878)12月 参謀本部長伝令使
明治12年(1879)3月 陸軍教導団歩兵大隊附
明治12年(1879)8月 清国出張(~明治12年12月)
明治12年(1879)12月 参謀本部管西局員
明治15年(1882)7月 朝鮮出張
明治16年(1883)2月 陸軍歩兵大尉昇進
明治16年(1883)6月2日 駐清国公使館附陸軍武官
明治17年(1884)11月24日 参謀本部管西局員兼伝令使
明治18年(1885)2月 天津条約交渉随員(~明治18年4月)
明治19年(1886)3月 印度派遣(~明治19年9月)
明治20年(1887)3月1日 駐独国公使館附陸軍武官
明治20年(1887)5月 着任
明治21年(1888)3月 陸軍歩兵少佐昇進
明治22年(1889)10月 巴尔干半岛視察(~明治23年2月)
明治24年(1891)12月15日 命帰朝
明治24年(1891)12月26日 参謀本部編纂課員
明治25年(1892)2月 西伯利亜単騎縦断(~明治26年6月)
明治26年(1893)2月 陸軍歩兵中佐昇進
明治27年(1894)6月 京城公使館附
明治27年(1894)8月27日 第1軍参謀(日清戦争)
明治28年(1895)3月8日 陸軍歩兵大佐昇進
明治28年(1895)5月17日 台湾総督府陸軍局長官
明治28年(1895)9月18日 参謀本部編纂課長
明治29年(1896)5月12日 参謀本部第三部長
明治31年(1898)3月15日 兼東宮御用掛
明治32年(1899)1月16日 参謀本部第二部長
明治33年(1900)4月25日 陸軍少将昇進 兼西部都督部参謀長
明治33年(1900)6月15日 臨時清国臨時派遣隊司令官仰付(~明治33年7月)
明治33年(1900)9月 北清連合軍司令部幕僚
明治34年(1901)6月6日 帰還
明治35年(1902)5月 英国出張(~明治35年11月)
明治36年(1903)10月2日 参謀本部次長事務取扱(~明治36年10月12日)
明治37年(1904)2月 大本営参謀
明治37年(1904)6月20日 満州軍第2課長
明治38年(1905)11月12日 北京条約全権随員(~明治39年1月)
明治39年(1906)4月1日 功二級金鵄勲章
明治39年(1906)4月16日 参謀本部次長
明治39年(1906)7月6日 陸軍中将昇進
明治40年(1907)9月21日 男爵叙爵
明治40年(1907)11月13日 勲一等瑞宝章
明治41年(1908)12月19日 参謀次長
明治43年(1910)8月10日 正四位
明治45年(1912)4月25日 関東都督
大正2年(1913)8月20日 従三位
大正3年(1914)9月15日 陸軍大将昇進 後備役編入 勲一等旭日大綬章
大正3年(1914)9月30日 正三位
大正3年(1914)11月 帝国在郷軍人会副会長
大正8年(1919)2月19日 68歳で死去

35 安東貞美
(1853.10.20-1932.8.29)
官位 陸軍大将従二位勲一等功二級男爵
出身地 長野県
嘉永6年8月19日生 
父 信濃飯田藩士安東辰武の三男
明治1年(1868)3月 高遠藩進徳館生徒
明治3年(1870)12月 大阪兵学寮入校
明治5年(1872)6月 大阪兵学寮卒業 陸軍少尉心得
明治6年(1873)5月29日 陸軍歩兵少尉任官
明治7年(1874)11月5日 陸軍歩兵中尉昇進
明治9年(1876)8月 東京鎮台歩兵第1連隊中隊長心得
明治10年(1877)3月 征討別働第2旅団編入
明治10年(1877)4月 負傷
明治10年(1877)5月4日 陸軍歩兵大尉昇進
明治11年(1878)4月 陸軍士官学校附
明治16年(1883)2月10日 陸軍歩兵少佐昇進 歩兵第2連隊第3大隊長
明治17年(1884)3月 陸軍士官学校教官
明治19年(1886)4月 参謀総長伝令使
明治20年(1887)3月 参謀本部第3局第1課長
明治21年(1888)5月 参謀本部第1局員
明治22年(1889)8月 陸軍士官学校教官
明治24年(1891)4月11日 陸軍歩兵中佐昇進
明治26年(1893)8月7日 陸軍戸山学校校長
明治26年(1893)11月 欧州出張
明治27年(1894)8月30日 鉄道線区司令官仰付
明治27年(1894)10月1日 兼参謀本部第1局員
明治27年(1894)12月1日 陸軍歩兵大佐昇進
明治29年(1896)9月25日 陸軍士官学校校長
明治30年(1897)9月28日 歩兵第6連隊長
明治31年(1898)10月1日 陸軍少将昇進 台湾守備混成第2旅団長
明治32年(1899)8月26日 歩兵第19旅団長
明治37年(1904)3月 動員下令(日露戦争)
明治37年(1904)5月 出征
明治38年(1905)1月15日 陸軍中将昇進 第10師団長
明治38年(1905)12月15日 正四位
明治39年(1906)1月 帰還
明治39年(1906)4月12日 勲一等旭日大綬章 功二級金鵄勲章
明治40年(1907)9月21日 男爵叙爵
明治40年(1907)10月 満州駐剳
明治42年(1909)2月1日 従三位
明治42年(1909)9月 帰国
明治43年(1910)8月26日 第12師団長
明治45年(1912)2月14日 朝鮮駐剳軍司令官
大正3年(1915)2月20日 正三位
大正4年(1915)1月25日 陸軍大将昇進 待命
大正4年(1915)5月1日 台湾総督
大正7年(1918)6月6日 辞職 待命
大正7年(1918)8月19日 後備役編入
大正7年(1918)9月18日 従二位
大正12年(1923)4月 退役
昭和7年(1932)8月29日 80歳で死去 勲一等旭日桐花大綬章

回复 2010-04-17 00:25巩金瓯
36 中村覚
(1854.3.18-1925.1.29)
官位 陸軍大将従二位勲一等功二級男爵
出身地 滋賀県
安政元年2月20日生 
父 彦根藩士中村千太夫の次男
明治5年(1872)7月 陸軍教導団入
明治6年(1873)11月 陸軍教導団卒 陸軍伍長
明治7年(1874)2月 陸軍兵学寮入校
明治7年(1874)10月 陸軍歩兵少尉試補
明治8年(1875)1月28日 陸軍歩兵少尉任官
明治10年(1877)3月9日 西南戦争出征(別働第2旅団 ~明治10年10月15日)
明治10年(1877)5月5日 陸軍歩兵中尉昇進
明治12年(1879)2月17日 参謀本部管西局員
明治14年(1881)4月22日 陸軍歩兵大尉昇進
明治18年(1885)7月24日 近衛参謀
明治19年(1886)5月26日 陸軍歩兵少佐昇進 歩兵第10連隊大隊長
明治20年(1887)4月 参謀本部第2局員
明治21年(1888)5月 第1師団参謀
明治22年(1889)12月 陸軍大学校教官
明治24年(1891)4月 第5師団参謀
明治24年(1891)12月19日 東宮武官
明治25年(1892)9月9日 陸軍歩兵中佐昇進
明治27年(1894)8月30日 大本営侍従武官
明治27年(1894)12月25日 陸軍歩兵大佐昇進 東宮武官兼侍従武官
明治28年(1895)10月18日 功四級金鵄勲章
明治29年(1896)10月29日 侍従武官
明治30年(1897)4月12日 歩兵第46連隊長
明治31年(1898)10月1日 東部都督部参謀長
明治32年(1899)9月8日 陸軍少将昇進
明治33年(1900)4月25日 台湾総督府幕僚陸軍参謀長
明治35年(1902)3月10日 歩兵第2旅団長
明治37年(1904)3月 日露戦争出征(~明治37年12月)
明治37年(1904)11月26日 旅順戦傷
明治38年(1905)4月1日 教育総監部参謀長仰付
明治38年(1905)7月18日 陸軍中将昇進
明治39年(1906)2月5日 教育総監部参謀長
明治39年(1906)4月1日 勲一等旭日大綬章 功二級金鵄勲章
明治40年(1907)1月28日 第15師団長
明治40年(1907)3月11日 正四位
明治40年(1907)9月21日 男爵叙爵
明治41年(1908)12月29日 侍従武官長
明治43年(1910)4月30日 従三位
大正2年(1913)8月22日 東京衛戍総督
大正3年(1914)9月15日 関東都督
大正4年(1915)1月25日 陸軍大将昇進
大正4年(1915)2月20日 正三位
大正6年(1917)7月31日 軍事参議官
大正8年(1919)2月20日 後備役編入
大正8年(1919)3月10日 従二位
大正14年(1925)1月29日 72歳で死去 勲一等旭日桐花大綬章

回复 2010-04-17 00:51巩金瓯
37 上原勇作
(1856.12.6-1933.11.8)
官位 元帥陸軍大将従一位大勲位功一級子爵
陸士旧3期  
出身地 宮崎県  
安政3年11月9日生
実父 都城藩家老龍岡棲山の次男 養父 都城藩士上原尚実
明治5年(1872)6月 大学南校入校
明治8年(1875)6月 陸軍幼年校生徒
明治10年(1877)5月 陸軍士官学校入校
明治12年(1879)12月22日 陸軍工兵少尉任官
明治13年(1880)12月 陸軍士官学校卒業(旧3期)
明治14年(1881)2月 工兵第1大隊附
明治14年(1881)4月20日 仏国留学(~明治18年12月23日)
明治15年(1882)8月 枫丹白露砲工学校学生 (~明治17年8月)
明治15年(1882)9月29日 陸軍工兵中尉昇進
明治18年(1885)6月13日 陸軍工兵大尉昇進
明治19年(1886)2月10日 陸軍士官学校教官
明治19年(1886)12月27日 臨時砲台建築部事務官
明治22年(1889)3月19日 欧州出張(~明治23年1月25日)
明治23年(1890)5月9日 陸軍工兵少佐昇進
明治23年(1890)10月22日 工兵第5大隊長
明治25年(1892)8月29日 参謀本部副官
明治25年(1892)9月9日 兼陸軍大学校教官
明治26年(1893)7月22日 安南 暹羅出張(~明治26年11月12日)
明治26年(1893)11月8日 参謀本部第2局員
明治27年(1894)8月27日 第1軍参謀
明治27年(1894)9月25日 陸軍工兵中佐昇進
明治28年(1895)3月20日 第1軍参謀副長
明治28年(1895)10月18日 功四級金鵄勲章
明治29年(1896)2月26日 伏見宮貞愛親王露国差遣随行
明治29年(1896)5月11日 参謀本部第四部長
明治29年(1896)8月12日 帰国
明治30年(1897)10月11日 陸軍工兵大佐昇進
明治32年(1899)1月16日 参謀本部第三部長兼第五部長
明治32年(1899)4月4日 参謀本部第三部長
明治32年(1899)4月11日 海牙‎平和会議随員
明治33年(1900)7月11日 陸軍少将昇進 兼陸軍砲工学校校長
明治34年(1901)7月24日 工兵監
明治37年(1904)6月25日 第4軍参謀長
明治39年(1906)2月3日 工兵監
明治39年(1906)4月1日 功二級金鵄勲章
明治39年(1906)7月6日 陸軍中将昇進
明治40年(1907)9月21日 男爵叙爵
明治41年(1908)5月25日 勲一等瑞宝章
明治41年(1908)12月21日 第7師団長
明治42年(1909)2月1日 正四位
明治44年(1911)9月6日 第14師団長
明治45年(1912)3月1日 従三位
明治45年(1912)4月5日 陸軍大臣
大正元年(1912)12月21日 病気待命
大正2年(1913)3月1日 第3師団長
大正2年(1913)6月9日 待命
大正3年(1914)4月22日 教育総監
大正4年(1915)2月15日 陸軍大将昇進 兼軍事参議官
大正4年(1915)3月10日 正三位
大正4年(1915)9月29日 勲一等旭日大綬章
大正4年(1915)12月17日 参謀総長
大正9年(1920)3月20日 従二位
大正9年(1920)11月1日 勲一等旭日桐花大綬章
大正10年(1921)4月18日 子爵陞爵
大正10年(1921)4月27日 元帥府元帥陸軍大将
大正12年(1923)3月17日 参謀総長辞職
大正13年(1924)5月10日 議定官
昭和2年(1927)5月2日 正二位
昭和8年(1933)11月8日 78歳で死去 従一位 大勲位菊花大綬章

回复 2010-04-17 01:09巩金瓯
38 一戸兵衛
(1855.8.2-1931.9.2)
官位 陸軍大将正二位勲一等功二級
出身地 青森県
安政2年6月20日生
父 津軽藩士一戸範貞の長男
明治7年(1874)10月 陸軍兵学寮戸山学校入校
明治9年(1876)3月8日 陸軍少尉試補
明治9年(1876)4月20日 東京鎮台歩兵第2連隊附
明治9年(1876)4月28日 東京鎮台歩兵第2連隊第2大隊第4中隊附
明治10年(1877)3月25日 西南戦争出征 戦傷(~明治10年7月)
明治10年(1877)5月5日 陸軍歩兵少尉任官
明治11年(1878)2月21日 歩兵第1連隊附
明治13年(1880)5月6日 陸軍歩兵中尉昇進 教導団小隊長
明治16年(1883)6月23日 陸軍歩兵大尉昇進 歩兵第8連隊第2大隊中隊長
明治18年(1885)5月26日 歩兵第10旅団参謀
明治20年(1887)11月17日 歩兵第12連隊附
明治21年(1888)2月17日 陸軍歩兵少佐昇進
明治22年(1889)3月12日 広島鎮台歩兵第11連隊第1大隊長
明治27年(1894)6月5日 日清戦争出征(~明治28年7月22日)
明治27年(1894)12月21日 陸軍歩兵中佐昇進 第5師団参謀
明治28年(1895)3月19日 歩兵第21連隊長
明治28年(1895)7月31日 第5師団副官
明治28年(1895)10月18日 功四級金鵄勲章
明治28年(1895)11月29日 留守第4師団参謀長
明治28年(1895)12月28日 第4師団司令部附
明治29年(1896)10月15日 中部都督部参謀
明治30年(1897)10月11日 陸軍歩兵大佐昇進
明治30年(1897)10月13日 近衛歩兵第4連隊長
明治31年(1898)10月1日 第6師団参謀長
明治34年(1901)5月22日 陸軍少将昇進 歩兵第6旅団長
明治37年(1904)7月17日 日露戦争出征(~明治39年1月7日)
明治38年(1905)3月16日 第3軍参謀長
明治39年(1906)2月15日 第1師団司令部附
明治39年(1906)4月1日 功二級金鵄勲章 勲二等旭日重光章
明治39年(1906)7月6日 歩兵第1旅団長
明治40年(1907)11月13日 陸軍中将昇進 第17師団長
明治41年(1908)12月11日 正四位
明治44年(1911)9月6日 第4師団長
明治44年(1911)12月27日 従三位
大正元年(1912)12月26日 第1師団長
大正2年(1913)11月28日 勲一等瑞宝章
大正4年(1915)2月15日 軍事参議官
大正4年(1915)8月10日 陸軍大将昇進
大正4年(1915)8月20日 正三位
大正4年(1915)12月17日 兼教育総監
大正7年(1918)11月29日 勲一等旭日大綬章
大正8年(1919)8月26日 軍事参議官
大正9年(1920)5月29日 学習院長
大正9年(1920)6月20日 後備役編入
大正11年(1922)11月3日 学習院長辞職
大正13年(1924)8月19日 明治神宮宮司(~昭和6年9月2日)
大正14年(1925)4月1日 退役
大正14年(1925)5月15日 従二位
大正15年(1926)5月12日 在郷軍人会会長(~昭和6年8月6日) 紘弘会会長
昭和6年(1931)9月2日 77歳で死去 正二位 勲一等旭日桐花大綬章

回复 2010-04-17 01:17巩金瓯
39 内山小二郎
(1859.11.14-1945.2.14)
官位 陸軍大将正二位勲一等功一級男爵
陸士旧3期 陸大4期首席
出身地 鳥取県  
安政6年10月20日生 
父 鳥取藩士内山覚治の次男
明治8年(1875)6月 陸軍幼年学校入校
明治10年(1877)5月 陸軍士官学校入校
明治12年(1879)12月22日 陸軍砲兵少尉任官
明治13年(1880)12月 陸軍士官学校卒業(旧3期)近衛野砲兵大隊附
明治16年(1883)2月28日 陸軍砲兵中尉昇進 近衛野砲連隊附
明治19年(1886)1月19日 陸軍大学校入校
明治19年(1886)6月1日 陸軍砲兵大尉昇進
明治21年(1888)11月28日 陸軍大学校卒業(4期恩賜)砲兵第1連隊中隊長
明治22年(1889)12月 第6師団参謀
明治24年(1891)9月16日 陸軍砲兵少佐昇進 野砲兵第4連隊大隊長
明治26年(1893)2月18日 第1師団参謀
明治27年(1894)12月5日 陸軍砲兵中佐昇進
明治28年(1895)2月27日 第1師団参謀長心得
明治28年(1895)12月12日 駐露公使館附武官
明治30年(1897)10月11日 陸軍砲兵大佐昇進
明治30年(1897)12月10日 駐仏公使館附武官
明治34年(1901)1月15日 野砲兵第15連隊長
明治34年(1901)6月26日 陸軍少将昇進 野砲兵第1旅団長
明治38年(1905)1月14日 鴨緑江軍参謀長
明治39年(1906)1月31日 参謀本部附
明治39年(1906)2月6日 駐露公使館附武官
明治39年(1906)4月1日 功二級金鵄勲章
明治40年(1907)11月13日 陸軍中将昇進 由良要塞司令官
明治41年(1908)12月21日 東京湾要塞司令官
明治42年(1909)1月14日 第15師団長
明治42年(1909)3月1日 正四位
明治45年(1912)3月20日 従三位
大正元年(1912)11月27日 第12師団長
大正2年(1913)8月22日 侍従武官長
大正3年(1914)5月16日 勲一等瑞宝章
大正4年(1915)8月10日 陸軍大将昇進
大正4年(1915)8月20日 正三位
大正4年(1915)11月7日 勲一等旭日大綬章
大正9年(1920)8月30日 従二位
大正10年(1921)11月26日 男爵叙爵
大正11年(1922)11月24日 待命
大正12年(1923)3月23日 予備役編入
大正12年(1923)4月20日 正二位
昭和4年(1929)4月 退役
昭和20年(1945)2月14日 86歳で死去 勲一等旭日桐花大綬章

回复 2010-04-17 01:27巩金瓯
40 大迫尚道
(1854.9.6-1934.9.12)
官位 陸軍大将従二位勲一等功二級
陸士旧2期  
出身地 鹿児島県
安政1年7月25日生  
父 薩摩藩士大迫新蔵の次男
明治4年(1871)7月 御親兵
明治5年(1872)6月 陸軍幼年学校入校
明治8年(1875)12月 陸軍士官学校入校
明治10年(1877)4月 征討軍団附
明治11年(1878)12月 陸軍士官学校卒業(旧2期 )
明治12年(1879)2月1日 陸軍砲兵少尉任官
明治16年(1883)3月3日 陸軍砲兵中尉昇進
明治19年(1886)5月 陸軍大学校教授
明治19年(1886)6月1日 陸軍砲兵大尉昇進
明治20年(1887)10月24日 陸軍大学校教官
明治21年(1888)5月1日 参謀本部第1局員
明治22年(1889)5月18日 独国留学
明治24年(1891)9月16日 陸軍砲兵少佐昇進 東京陸軍砲兵工廠附
明治24年(1891)12月15日 駐独国公使館附陸軍武官
明治26年(1893)7月22日 陸軍大学校兵学教官
明治27年(1894)2月21日 野砲兵第1連隊第2大隊長
明治27年(1894)8月31日 第1軍参謀
明治27年(1894)12月6日 陸軍砲兵中佐昇進
明治27年(1894)9月1日 第1軍参謀
明治28年(1895)7月19日 野砲兵第3連隊長
明治28年(1895)10月18日 功四級金鵄勲章
明治29年(1896)10月15日 第5師団参謀長
明治30年(1897)10月11日 陸軍砲兵大佐昇進
明治31年(1898)12月23日 第4師団参謀長
明治34年(1901)6月26日 陸軍少将昇進 野砲兵第2旅団長
明治37年(1904)9月12日 第2軍参謀長
明治39年(1906)2月6日 野戦砲兵監
明治39年(1906)4月1日 功二級金鵄勲章 勲二等旭日重光章
明治40年(1907)10月9日 野砲兵監
明治40年(1907)11月13日 陸軍中将昇進
明治43年(1910)11月30日 第18師団長
明治43年(1910)12月27日 正四位
大正元年(1912)12月26日 第4師団長
大正3年(1914)1月20日 従三位
大正3年(1914)5月16日 勲一等瑞宝章
大正4年(1915)2月15日 軍事参議官
大正4年(1915)8月10日 陸軍大将昇進
大正6年(1917)2月10日 正三位
大正7年(1918)11月29日 勲一等旭日大綬章
大正8年(1919)7月25日 後備役編入
大正9年(1920)9月20日 従二位
昭和9年(1934)9月12日 81歳で死去

作者:不详 来源:网络
相关评论
发表我的评论
  • 大名:
  • 内容:
  • 军事历史网(seo.laikejia.com) © 2018 版权所有 All Rights Reserved.
  • 站长QQ:313943775后台入口 沪ICP备16004626号